経営・財務

2023年 社長年頭挨拶

2024年01月05日

下記の文面は、明電舎で2024年1月5日朝礼時に行われる社長年頭挨拶の骨子です。

​株式会社 明 電 舎
代表取締役 執行役員社長 井上 晃夫

明電グループの皆さん 明けましておめでとうございます。
2023年度も残すところ3か月となり、春からは「中期経営計画2024」の最終年度を迎えます。中計4か年の総仕上げに、私自身も精一杯頑張ってまいりますので、皆さんも目標達成に向けて奮起と結束をお願いします。

【多様な個の発揮】
世界各地での紛争などを背景に様々なリスクが高まるなど、私たちを取り巻く事業環境には、不透明な面も多くあります。めまぐるしく変化する社会環境の中では、一人ひとりがその変化に対応していく必要があります。そのためには、「未来を作り出していく力」「未知の社会を生き抜く力」が大事です。
明電グループでは、皆さんと会社のビジョンを照らし合わせ、仕事を通じたチャレンジを自分の言葉にしてもらう「Myビジョン・Myチャレンジ」の活動が始まりました。このような取組みも活用して、「答えの決まっていない課題」や「経験したことのない事柄」に対して、周りの人と協力しながら解決していく力を身につけてもらいたいと考えています。そして今まで以上に、ワクワクしながら仕事に臨み、存分に力を発揮していただくことを願っています。それが「未来を生き抜くこと」につながります。

【発想を大切に】
社長就任の際にもお話しましたが、皆さんには「発想すること」を大切にしてほしいと思います。明電グループが掲げる企業理念の下、「将来自分はこうありたい」という強い思いが社員の数だけあると、会社は強くなります。企業活動により一層の推進力が生まれ、明電グループの目指す姿の実現につながっていくのです。
中堅やベテランの皆さんは、経験や知識を発想につなげ、業務改革に取り組んでください。若い世代の皆さんには、偏見や固定観念のない自由な発想を期待しています。
皆さんの知見や経験を新たな発想につなげ、より競争力を持った企業グループを作り上げていきましょう。

【最後に】
「安全」と「健康」が何より大切です。「労災ゼロ」は私の切なる願いです。皆さんには心身の健康と安全に留意していただき、今年一年、元気に頑張っていただきたいと願っています。私も今年一年、皆さんの先頭に立って頑張っていく所存です。

以  上