ニュースリリース 2022年新型コロナウイルス対策の行動指針解除と新たなルールの運用について

新型コロナウイルスにより罹患された皆さま、および関係の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

株式会社明電舎(取締役社長 三井田 健/東京都品川区)は、新型コロナウイルス感染防止と事業活動を両立するため、『明電グループ行動指針』を策定・運用してまいりましたが、本年3月31日をもって新型コロナウイルス対策期間を終了することとし、明電グループ行動指針を解除いたしました。
また、感染防止対策を講じながら業務遂行が求められる中、従業員へのアンケートなどから、職場内や部門間の意思疎通、マネジメント、OJTなどにおけるコミュニケーション面での課題が浮き彫りになりました。この課題解消のため、当社は職種ごとに出社日数の目安などの基本ルールを策定し、同4月1日から運用を開始いたしました。(4月・5月は移行期間、6月より運用開始)

当社グループは、「新しい日常」のもと、引き続き感染防止 ・感染拡大リスク低減に努めながら、従業員一人ひとりが持つ能力を最大に発揮でき、従業員同士がコミュニケーションを図れる活気ある職場を整備してまいります。

以 上


本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎 コーポレートコミュニケーション推進部 広報・IR課
電話 03-6420-8100

新型コロナウイルス対策の行動指針解除と新たなルールの運用について(PDF:450KB)