ニュースリリース 2021年2021年入社式挨拶

下記の内容は、株式会社明電舎で2021年4月1日に行われた入社式での社長挨拶の骨子です。

株式会社 明 電 舎
取締役社長 三井田 健

入社おめでとうございます。会社を代表して、皆さんを心より歓迎します。
こうして、皆さんの人生の節目にお会いできることは、運命だと思っています。
なぜなら、皆さんが社会人として人として独立し、歩き始める瞬間に立ち会えているからです。

皆さんは、空っぽのリュックサックを背負って、これから登山を始めることになります。
リュックサックに、色々詰めていく重要な時期です。
大事なことは足腰を鍛えておくこと。登山の途中で色々な出会いがあります。山小屋で泊まって語り合うこともあります。暴風雨に遭うこともあります。色々な経験を積み重ねていきながら人生を送ることになります。何をリュックサックに入れて登山するかも大事ですが、どんな状況にも対応できる足腰が重要になります。
10年後に振り返って『やりきった!』と思える2020年代にしてください。皆さんの努力次第で、10年後に見える山の景色は別世界になります。会社は、そんな皆さんを積極的にサポートしていきます。

■「RESPECT」という言葉を大事に。

「RESPECT」、そのまま訳せば「尊敬する、尊重する」ということです。私は皆さんに、同期や先輩を大事にして一緒に仕事を作り上げよう、という気持ちを持ち続けて欲しいと思います。
学ぶべきは転ばない方法ではなく転んでから立ち上がる方法です
何度失敗しても転んでも、立ち上がるマインドと方法を身につけているかが大事です。

■学ぶべきは転んでから立ち上がる方法。

リンカーンの自伝に、こんな言葉があります。
あなたが転んでしまったことには関心がない!そこから立ち上がることに関心がある!
きっと、あなたが立ち上がる姿を見ている人はいます。だから、どうか転ぶことを恐れないでください。
南アフリカの政治家、ノーベル平和賞受賞ネルソン・マンデラもこう言っています
生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。
転ぶたびに起き上がり続けることにある。

当社は、本年度から新しい中期経営計画のもと、さらなる飛躍を目指して取り組んでまいります。
このような節目の年に当社の一員となられた皆さんが大きく成長し、活躍されることを期待して私からのお祝いの挨拶とさせていただきます。

以上
本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎 コーポレートコミュニケーション推進部 広報・IR課
電話 03-6420-8100