ニュースリリース 2020年明電グループにおける新型コロナウイルス感染者の発生について

株式会社明電舎(取締役社長 三井田 健/東京都品川区、以下 明電舎)のグループ子会社である、明電プラントシステムズ株式会社 本社(東京都品川区西五反田)に勤務する社員が、新型コロナウイルスに感染したことを本日確認いたしました。

当該者は4月11日にPCR検査を受検し、13日に「陽性」と判明したものです。現在、所管保健所と連携して行動履歴の確認、および濃厚接触者の特定を進めております。

明電グループでは、緊急事態宣言対象地域においては「原則在宅勤務」を実施しておりますが、感染者の発生を受け、保健所の指導のもと、当該者と接触をもった従業員に改めて自宅待機の継続を指示し健康観察を行うと共に、オフィスの消毒作業等必要な措置を実施いたします。

今後も、社内外への感染拡大の抑止と従業員の安全確保を最優先に対応してまいります。
関係者の皆様にはご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

■明電グループ 新型コロナウイルス感染拡大防止対策
https://www.meidensha.co.jp/news/news_03/news_03_01/1233755_2469.html


本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100


明電グループにおける新型コロナウイルス感染者の発生について(PDF:399KB)