ニュースリリース 2020年労働安全衛生マネジメントISO45001認証を取得しました

株式会社明電舎(取締役社長 三井田健/東京都品川区、以下明電舎)は、2019年12月25日に労働安全衛生マネジメントシステム(以下、OHSMS)の国際規格である「ISO 45001」の認証を取得し、本日、登録証授与式を明電舎で行いました。認証は株式会社日本環境認証機構(JACO)が行いました。

明電舎は、2016年に国内の主要4生産拠点でOHSAS 18001の取得をしていますが、OHSAS 18001が2021年3月に廃止されることと、「ISO 45001」は既に取得している環境マネジメントシステムISO 14001とも統合できるため取得しました。
本認証を取得することで、経営トップから現場作業員まで包括したシステムにより一体感のある労働安全衛生活動を行っていることを証明し、また、OHSMSの仕組み、帳票、様式が共通になることで部門間のコミュニケーションの強化を図ることが可能になります。

今後も明電舎は、OHSMSを推進し、国内拠点のみならず、海外拠点を含めたグループの全社員がより安全で安心して働ける職場環境作りに努めてまいります。

労働安全衛生マネジメントISO 45001について

国際標準化機構(ISO)が発行する初の労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格。
働く人の労働に関連する負傷と疾病の予防および安全で健康的な職場の提供を達成するOHSMSの規格の一つであったOHSAS 18001や2001年にILO(国際労働事務局)が発行したILO-OGH 2001を基に作成したもの。

 

登録内容

<組織名称>
明電グループ

<適用規格> 授与式写真
ISO 45001(JIS Q 45001)

<登録範囲>
株式会社明電舎
沼津事業所
太田事業所
名古屋事業所
株式会社甲府明電舎

 

登録証授与式
左:JACO 代表取締役社長 立上和男様
右:取締役 兼 専務執行役員 竹川 徳雄


本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100