ニュースリリース 2019年新テレビCM「電気よ、動詞になれ。」タイ篇が完成しました!

株式会社明電舎(取締役社長:三井田 健/東京都品川区、以下明電舎)は、新テレビCM「電気よ、動詞になれ。」タイ篇(15秒/30秒)を2020年1月1日(水)から全国放映いたします。

本CMは、2019年1月15日より放映している「電気よ、動詞になれ。」シリーズ ドイツ篇に続く第二弾です。企業スローガン「Quality connecting the next」に込められた、「人」と「技術」のQualityで、お客様の安心と喜び、そしてその先にある人びとのかけがえのない毎日を支え、より豊かな未来へとつなげていく という決意や使命感を表現しています。

タイ明電舎のエンジニアを主人公に、市民の足として存在感を増すバンコク都市鉄道「パープルライン」をテーマに取り上げ、50年以上にわたり電気の力と国境を越えたチームワークでタイの発展を支え続ける明電グループの未来への想いを、「電気よ、動詞になれ。」というメッセージとともにお伝えします。

今後も、テレビCMを含むさまざまなコミュニケーション活動を通じて、より豊かで住みよい未来社会の実現に貢献するという企業使命や取り組みを社内外に発信してまいります。


●「電気よ、動詞になれ。」特設Webページ
   https://www.meidensha.co.jp/knowledge/know_03/denki/index.html

●CM放映開始日:2020年1月1日(水)

●放映エリア:全国


 

 

タイ明電舎について


タイ明電舎(取締役社長 笠 泰史/タイ バンコク)は、1966年にエンジニアリングを手がける会社として設立された、明電グループの中で最も歴史が長い海外現地法人。電気工事や機械工事を中心にタイの産業・社会の発展に寄与している。


明電舎 広告・宣伝



本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100