ニュースリリース 2019年スラム誘導形無人搬送車を初納入しました

株式会社明電舎(取締役社長:三井田 健/東京都品川区、以下明電舎)は、2019年4月に最大積載重量250kgのSLAM(スラム)誘導形注1無人搬送車2台を自動車部品メーカーに初納入しました。無人搬送車の導入により自動車部品製造工程の省人・省力化を図ります。

近年日本では、人口減少や少子高齢化、働き方改革への意識の高まりを背景に、生産現場では人手不足が大きな課題となっています。そのため生産効率向上の一助として、工場内物流の無人化需要が拡大しています。

今回納入したSLAM誘導形無人搬送車は、複数の誘導センサーを備えるマルチセンシング機能を持っており、SLAM誘導、磁気誘導注2、レーザー誘導注3での走行が可能です。
この機能により、走行場所、状況に合わせて誘導方法を切替え、ガイドレスで精度の高い安定した無人搬送を行う事ができます。無人搬送車の停止精度は、コンベア等への荷物の受け渡しなどが発生する生産現場において、特に必要とされる機能です。

当社はこれまで、積載重量6tの大型無人搬送車をSLMA誘導に対応させてきましたが、小物搬送のニーズを受け、最大積載重量250㎏でその場旋回(スピンターン)、全方位走行、複雑なルート・狭い通路でも運用が可能な無人搬送車の開発を完了いたしました。

小型SLAM誘導形無人搬送車の開発においては、マルチセンシング機能を搭載した無人搬送車を2018年10月から明電舎沼津事業所内の電子機器製造工場に試験導入し、実証試験を行うことで信頼性を高め製品化いたしました。

今後、明電舎はSLAM誘導形無人搬送車の販売拡大をすることで、お客様の様々なご要求に応えるロジスティクスソリューションの提供を行ってまいります。


SLAM誘導形無人搬送車(型式:3MC-M2.5)外観図

注1 (Simultaneous Localization and Mapping)レーザーセンサー等で周囲のマップを生成し、自己位置推定を行う事でガイドレス走行するもの
注2 無人搬送車に磁気センサーを付け、床面に磁石の誘導路を敷設し、その上を走行するもの
注3 無人搬送車にレーザー測離機器を搭載し、壁などに取り付けた反射板からレーザー光が跳ね返ってくるまでの時間差で自己推定を行いガイドレス走行するもの


明電舎 産業物流部事業について

1985年より無人搬送車を開発し、延べ約8,000台の納入実績があります。幅広い製品ラインナップと長年の歴史の中で培った技術力があり、高度な搬送技術を必要とする自動車メーカーをはじめ、多種多様な業界に無人搬送車を納めています。

産業物流部WEBページ

 

本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100