ニュースリリース 2019年「明電グループ 健康経営宣言」策定のお知らせ

株式会社明電舎(取締役社長 三井田 健/東京都品川区)は、従業員が心身ともに健康な状態を維持し、生き生きとやりがいを持って働くことが重要であるという考えの下、従業員一人ひとりの健康を組織で支える活動を推進していくため、「明電グループ 健康経営宣言」を策定いたしました。
         


明電グループ 健康経営宣言

明電グループの企業理念「より豊かな未来をひらく」の実現のためには、従業員が心身ともに健康な状態を維持し、生き生きとやりがいを持って働くことが重要です。
『健康は、なにものにも代え難い財産』という想いを全員で共有し、従業員の自発的な健康活動に対する積極的な支援など、一人ひとりの健康を組織で支える活動を推進していきます。これらを通じて従業員、そしてその家族が生き生きと健康に過ごすことのできる会社の実現に努めます。



以上を健康経営の「5本柱」として、
『健康で豊かな社会生活を送ることができる会社づくり』に取り組むことを宣言します。



                                                                   


明電グループは今後も、健康経営・健康に関するリスク管理・働き方改革を三位一体とし、それぞれを連動して潤滑に動かすことで、パフォーマンスの向上と生産性向上を進めてまいります。
さらに、早期の「健康経営優良法人(ホワイト500)」認定を目指します。


本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100