ニュースリリース 2019年「ESG/SDGs評価型シンジケートローン」で最上位評価を取得しました。

株式会社明電舎(取締役社長:三井田 健/東京都品川区、以下明電舎)は、この度、株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠/東京都千代田区、以下、SMBC)の「ESG/SDGs評価型シンジケートローン」において最上位の評価を取得し、それに基づく融資契約を締結しました。
本ローンは、SMBCと株式会社日本総合研究所(代表取締役社長:渕崎 正弘/東京都品川区)が作成した基準で、顧客借入企業のESGやSDGsの取組みや情報開示を評価し、評価結果にご賛同いただいた金融機関によってシンジケーションが組成されるものです。

今回、当社の取組みは、環境側面(E)、社会側面(S)及びガバナンス側面(G)の各項目について非常に高い水準であると判断され、サステナビリティに向けた企業経営において、大変優れた取組みと情報開示を実施、また、事業を通じたSDGs達成への高い貢献意欲を持つとして、最上位評価の取得となりました。

 

明電舎は、ESGの取組みを明電グループの持続的な成長を支える根幹であり、企業理念の実践そのものと捉えています。
「明電舎レポート2018」においては、SDGsがもたらすビジネス機会や課題を把握し、明電舎の事業活動が環境や社会にどのような影響をもたらしているのかを整理、情報開示いたしました。
明電グループは、今後も社会に貢献するものづくりを追求し、持続可能な価値創造を実現するとともに、SDGsを含めた社会的課題の解決への貢献を果たしてまいります。

本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100