より豊かな未来を目指して 電気よ、動詞になれ。明電舎 より豊かな未来を目指して 電気よ、動詞になれ。明電舎

私たちが普段何気なく使っている電気、水道、鉄道。日々の生活を支えているこれら社会インフラを、明電舎は1897年の創業以来、電気の力で支えてきた。しかし近年、世界を取り巻く社会環境は激変している。このシリーズでは、多くの社会課題と向き合いながら、より豊かな未来をひらくために挑戦を続ける明電舎の取り組みを紹介する。

ここに掲載のコンテンツは、日経ビジネス電子版Specialで2020年11月~2021年3月まで掲載した広告特集「電気よ、動詞になれ。より豊かな未来の実現に向けて」の転載です。

ページの終わりです