明電舎のノウハウをもとにしたクラウドサービスを提供
ICTを活用して下水道事業の効率化を実現
サービスは選択可能(広域監視,映像監視,設備管理,管路管理,SNS)

水クラウド・コンピューティングAQUA SMART CLOUD 下水道事業者向けサービス

アクアスマートクラウドは、SaaS型(※)の上下水道事業者向けクラウドサービスです。
これまで当社が提供してきた監視技術や遠隔監視サービスに加え、システム運用や維持管理の受託で培ってきたノウハウをもとに、お客様の下水道事業を効率化します。
※SaaS(サース、Software as a Service):インターネット経由でソフトウェアを利用する形態

お問い合わせ

特長

いつでもどこからでもアクセス、現場管理の負担を軽減
  • 監視装置やサーバなどのハードウェアを持たないため、初期導入費用を軽減できます。
  • 監視端末は、多種多様なデバイスに対応しています。
  • 現場通信端末との接続には、環境に適した通信を選択できます。
  • 高い信頼性のデータセンターでお客様のデータを守ります。
  • 当社でサーバの管理およびサービス運営を行いますので、
    システムのメンテナンスを意識せずとも継続して使用できます。
  • 日本全国で多くのお客様にご利用頂いており、安定したクラウドサービスを提供しています。

サービスメニュー

広域監視を中心に、映像監視、設備管理、管路管理などの各種サービスをご提供します。
自由に組み合わせて、用途に合った使いやすいシステムを構成できます。

広域監視サービス

視認性・操作性に優れた監視画面で広域施設を統合監視できます。



ポータル(業務共有)

各サービスの玄関口となるポータル画面でコミュニケーション機能を提供します。
SNSは緊急時の情報共有としても有効です。



映像監視サービス

視覚的な監視により、施設の状況が一目で分かります。



設備管理サービス

設備情報・点検結果・関連文書を一元管理することで、維持管理の質を高めます。



管路管理サービス

地図上で監視情報とともに管路情報を確認できます。



システム構成

計測データは、現場通信端末を経由してデータセンターに収集されます。
お客様は、インターネットに接続しているPC・タブレット・スマートフォンからデータセンターへアクセスすることで、計測データを参照するなどのクラウドサービスを利用できます。
データセンターは、自社開発のクラウド基盤により、セキュリティ対策を強化しています。

現場通信端末

現場通信端末は1台からでもシステム構築が可能です。後から段階的に増設していくことができます。


B5サイズのコンパクトな筐体に、CPU、メモリ、携帯電話通信モジュール、端子台やさまざまなローカル機器とのI/Oインタフェース、バッテリなどを内蔵

活用例

広域監視サービスと映像監視サービス連携

処理水を放流する前に水質を計測値で確認するとともに、放流後の水質を映像で目視確認することで2重確認を行うことができます。流域の環境維持に貢献できます。

設備管理サービスによる点検

従来の紙を使用した点検では、点検用紙、過去の点検結果、カメラ、マニュアル等を携行することが必要でした。設備管理サービスの点検支援機能では、現場で過去の点検結果やマニュアルをタブレット(スマートフォン)で簡単に確認することができますので、点検業務の効率化につながります。
また、異常があった場合は、下図のように撮影した写真に異常箇所を示すことで容易に現場の状況を共有することができ、迅速な対応につながります。

導入事例

この製品に関するお問い合わせ
[水インフラシステム事業部 営業部]

03-6420-7320