冷陰極X線管
180kV-1mA
カーボンナノ構造体
針葉樹構造
X線撮影画像例[電動ドリル]
管電圧:110kV、管電流:0.1mA、照射時間:0.5秒
X線撮影画像例[乾電池]
管電圧:115kV、管電流:0.8mA、照射時間:1.0秒
X線撮影画像例[靴]
管電圧:85kV、管電流:1.0mA、照射時間:1.0秒

産業用コンポーネントカーボンナノ系冷陰極X線管

カーボンナノ系冷陰極X線管は、陰極にカーボンナノ系電子源を使用したX線管です。 この電子源は、カーボンナノ構造の先端から電界電子放出により電子を放出する方式で、既存の熱陰極X線管(タングステンフィラメントを加熱して熱電子放出により電子を放出する方式)に比べ、ヒーター電源や予備加熱が不要なため、小型・軽量・省エネが可能な電子源です。

製品特長

X線撮影イメージ
  • 小型・軽量化 :コンパクトな管設計
  • タイムレス照射:暖気なしで即時照射が可能
  • 管球安定運用 :X線発生源の消耗を予測して交換時期を予測

用途・ソリューション

■撮影事例



■冷陰極X線管の実施例

120kV 冷陰極Ⅹ線源[(国研) 産業技術総合研究所]
小型軽量な非破壊検査用パルスX線源を開発

カーボンナノ構造体を利用した可搬型X線源を開発

仕様一覧

■冷陰極X線管
型式 S-EG91B34W
S-EG121B26W S-EG181B40W
NEW!
最高電圧

90kV

120kV

180kV

最高管電流

1.0mA

1.0mA

1.0mA

焦点サイズ

0.4 × 1.0

0.8 × 1.6

1.0 × 2.6

寸法

Φ41 / L95

Φ32.5 / L100

Φ56 / L135

重量

340g

240g

580g

※使用する際には、絶縁油浸または絶縁モールド等の外部絶縁が必要です。

※本製品は、(国研)産業技術総合研究所及びライフ技術研究所(株)の技術を使用しています。
   また、当社は本製品の製造・販売に関し両社と特許実施許諾契約を締結しています。


■冷陰極X線管搭載 X線源NEW!
オイルフリーの50kV-1mA 固定出力X線源

工具不要でX線管球ユニットを交換できるためメンテナンス省人化に効果を発揮します。


型式

S-EG51UW

最高管電圧

50 kV

最高管電流

1.0 mA

照射角度

65°

照射タイプ

連続照射

焦点寸法

設計値 1.4 mm

外形寸法

約 400×280×125 mm

重量

約 6 kg

入力

24 V

インターフェース

RS-232C



※仕様は開発中の段階のものです。実際の製品とは異なることがあります。

評価用X線源 仕様

お客様での評価のため、以下の仕様のX線源デモ機の貸出を受付しています。

管電圧

80~120kV

最高管電流

1.0mA

照射角度

40°

照射タイプ

パルス照射

繰り返し周波数

最大0.1Hz

出力パルス幅

0.1~1秒

焦点寸法

0.8mm

本体外形寸法
/重量

250(D)x220(W)x80(H)mm

 /5.4kg

照射向き

横向照射 or 下向照射  

制御部(別置き)寸法
/重量

46(D)x180(W)x105(H)
/0.5kg

入力電源

DC12V(11V17V)

入力電流

7A以下(動作時)/

10A以下(突入電流)

トリガ入力条件

5V(ダウンエッジ)








カーボンナノ構造体(CNX)

エミッターに針葉樹のような高アスペクト比(縦横比)の構造をもつカーボンナノ構造体(CNX)を採用することで、
電子放出を容易にしています。

お問い合わせ

技術打合せを希望のお客様は、以下のメールアドレスよりご連絡下さい。
E-mail: x-ray_tube@mb.meidensha.co.jp