汚泥容量指標自動測定装置

水質計測器汚泥容量指標自動測定装置(SVI計)

活性汚泥法を用いた下水処理場の汚泥混合液の汚泥容量(SVt、SV30)、汚泥濃度(MLSS)、汚泥容量指標(SVI)を自動測定します。

お問い合わせ

製品特長

最終沈殿池における固液分離の良否判定をするため、汚泥の沈降性の指標としてSV30だけでなく、汚泥の凝集沈降性を示すSVIが必要です。また、SVI測定により、余剰汚泥量、返送汚泥量の最適制御が可能となります。現状、このSVIはビーカー試験法により測定され、時間と手間を要します。本装置は光学式検出器を採用し、洗浄装置を備えているため、SV、MLSS、SVIを短時間で自動連続測定可能で保守がほとんど不要です。

  • 出力信号を遠隔で受信できるので、汚泥の状態(沈降特性、SVt値、SV30、MLSS、SVI等)を任意の場所で把握できます。
  • サンプリングはエアリフトポンプを用いており、汚泥のフロックを破壊することがほとんどありません。
  • 大口径の測定管を用いており、壁面効果などに左右されない沈降特性が得られます。
  • 測定管内壁の汚れ防止として洗浄機構を備えており、無保守の状態で長期間の自動測定ができます。

仕様一覧

項目 SVI計
形式 SVI-401
測定対象 SV MLSS SVI
活性汚泥法を用いた下水処理場の汚泥混合液の汚泥容量(SVt、SV30 汚泥濃度(MLSS) 汚泥容量指標(SVI)
測定方式 透過光による界面追従方式 散乱光比較方式 SV30, MLSSによる演算
測定範囲 0~90%
(指示0~100%)
500~5000mg/L
(指示0~5000mg/L)
0~250mL/g、0~500mL/gのうちいづれか1つ
測定精度 繰り返し性 ±0.5% ±5%(校正後F.S.) ±1%
出力信号 DC4~20mA (最大負荷抵抗 500Ω)
(但し、MLSS、SVIはホールド出力) MLSSは0~5000mg/Lで DC4~20mA
周囲環境条件 気温 -5~50℃ (但し凍結しないこと)
電源 AC100V 50/60Hz 1.5kVA 単相
測定回路構成 半導体、ICによる無接点方式
サイクルタイム 1サイクル50分 (但しSV 30 測定の場合)
サンプリング エアリフトポンプによる自動サンプリング方式
サンプリング
ポンプ
方式 気泡ポンプ
空気 ベーンポンプ KRX-1形
125/145 L/min 0.05 MPa
AC100V単相 50/60Hz 0.5kW
台数 1台
洗浄方法 測定管内ブラシ上下動による自動洗浄
外形寸法 W 1000 x H 1800 x D 1000 mm
質量 約750kg
  • SVのみの計測、及び外部からMLSSを入力してSVIを演算、出力するものも製作致します。
この製品に関するお問い合わせ
[水インフラシステム事業部 営業部]

03-6420-7320