汚泥濃度計
MLSS計

製品特長

活性汚泥法を用いた下水処理場において、曝気槽内の汚泥濃度を適切に管理することは、処理水を良好に保つために欠かせません。そのためには連続的かつ正確に汚泥濃度を監視できる計測機器が必要です。当社の汚泥濃度計はそうしたお客様のニーズにお応えします。

  • 特殊演算法の採用により、汚泥色の影響を受けにくくなっています。
  • 溶液色の影響を受けにくくなっています。また、緑色藻類が検出面に付着することはありません。
  • 自己診断機能内蔵により、機器の状態が把握できます。
  • 日本語表示を採用し、対話方式による入力なので、設定などが簡単に行えます。

MLSS(汚泥濃度)計

当社のMLSS計は、当社が長年培った、近赤外光・交流発光方式技術に基づくMLSS計を高機能化、高性能化したものです。

  • 光源を交流発光させるので、外光の影響を受けにくくなっています。
  • 気泡の影響を受けにくい、鉛直面検出を採用しているので、気泡による影響が少なくなっています。
  • 検出器接液部の形状が単純なので、夾雑物などのからみつきが少なく、保守頻度を低減できます。
  • 校正データの入力法として、ゼロ・スパン入力法、回帰式自動算出法、折線近似法から選択することができます。
  • 種々のパラメータの変更ができます。
項目 MLSS計
外観
形式 SSD-211
測定対象 混合浮遊物濃度(MLSS)
測定方式 近赤外交流発光による散乱光比較方式
(散乱光比較補正による散乱光方式)
3,000~20,000mg/L(FS)(1000mg/Lごとに設定可能)
測定精度 繰り返し性 2%以内
測定液温度 0~40℃(但し、凍結しないこと)
周囲環境条件 温度:-5~45℃ 湿度:90%RH以下
出力信号 DC4~20mA(最大負荷抵抗600Ω 絶縁出力)
接点出力 種別 上下限警報、保守中、計器異常
容量 AC100V 0.5A、DC24V 0.5A
電源 AC100V ±10% 50/60Hz 単相 約10VA
質量 変換器 約7Kg
検出器 約6Kg

近赤外光式 汚泥濃度計

当社の近赤外光式汚泥濃度計は配管に挿入し、汚泥濃度(SS)を測定します。光学式のため微細気泡の影響を受けにくい汚泥濃度計です。返送汚泥濃度、送泥濃度などの計測に最適です。

  • 流通時の微細気泡の影響をほとんど受けません。
  • バイパス管など余分な配管は必要ありません。
  • 検出器を小形、軽量化することによりメンテナンス性が更に向上しました。
  • 検出器の脱着が可能なので、検出器の洗浄が簡単にでき精度管理が容易です。
  • 校正データの入力は、ゼロ・スパン入カ法、回帰式自動算出法、折線近似法から選択できます。
  • 種々のパラメータの変更ができます。
項目 近赤外光式汚泥濃度計
外観
形式 SSD-321P SSD-400P
測定対象 配管内の汚泥濃度(SS)、余剰汚泥、濃縮余剰汚泥 配管内の汚泥濃度(SS)、消化汚泥、濃縮消化汚泥
測定方式 散乱光式 近赤外光散乱光式(レーザー光源)
1~5%(0.5%ごとに設定可能) 1~10%(0.5%ごとに設定可能)
測定精度 繰り返し性 ±2%FS(較正後) ±2%FS(較正後)
直線性 2%以内(但し、0~3%未満は折線近似処理使用時) 2%以内(但し、0~3%未満は折線近似処理使用時)
測定液温度 0~50℃(但し、凍結しないこと) 0~50℃(但し、凍結しないこと)
周囲環境条件 温度:-5~45℃ 湿度:90%RH以下 温度:-5~45℃ 湿度:90%RH以下
出力信号 DC4~20mA
(最大負荷抵抗600Ω 絶縁出力)
DC4~20mA
(最大負荷抵抗600Ω 絶縁出力)
接点出力 種別 上下限警報、保守中、計器異常 上下限警報、保守中、計器異常
容量 AC100V 0.5A、DC24V 0.5A AC100V 0.5A、DC24V 0.5A
電源 AC100V ±10% 50/60Hz
単相 約10VA
AC100V ±10% 50/60Hz
単相 約10VA
質量 変換器 約7Kg 約7Kg
検出器 約3Kg 約3Kg

レ-ザ-光式 汚泥濃度計

当社のレーザー光式汚泥濃度計は配管に挿入し、汚泥濃度(SS)を測定します。光学式のため微細気泡の影響を受けにくい汚泥濃度計です。また、光源には近赤外レーザダイオードを使用しているので、光源切れの心配がほとんどありません。
返送汚泥濃度、送泥濃度などの計測に最適です。

  • 流通時の微細気泡の影響をほとんど受けません。
  • バイパス管など余分な配管は必要ありません。
  • 検出器の脱着が可能なので、検出面の洗浄が簡単にでき精度管理が容易です。
  • 校正データの入力法として、ゼロ・スパン入力法、回帰式自動算出法、折線近似法から選択することができます。
  • 種々のパラメータの変更ができます。
項目 レーザー光式汚泥濃度計
外観
形式 SSL-101P
測定対象 配管内の汚泥濃度(SS)、余剰汚泥、濃縮余剰汚泥
測定方式 散乱光式(レーザー光源)
1~5%(0.5%ごとに設定可能)
測定精度 繰り返し性 ±2%FS(較正後)
直線性 2%以内(但し、0~3%未満は折線近似処理使用時)
測定液温度 0~50℃(但し、凍結しないこと)
周囲環境条件 温度:-5~45℃ 湿度:90%RH以下
出力信号 DC4~20mA(最大負荷抵抗600Ω 絶縁出力)
接点出力 種別 上下限警報、保守中、計器異常
容量 AC100V 0.5A、DC24V 0.5A
電源 AC100V ±10% 50/60Hz 単相 約10VA
質量 変換器 約7Kg
検出器 約3Kg
  • 消化汚泥などで、その色が濃いもの(墨色)については、事前にサンプルテストを実施させていただく場合があります。
この製品に関するお問い合わせ
[水・環境システム事業部 営業部]

03-6420-7320