ニュースリリース 2018年EV(電気自動車)用部品の量産設備の増強を行います

株式会社明電舎(取締役社長 三井田健/東京都品川区、以下明電舎)は、電気自動車(以下、EV)用部品の量産設備の増強を行います。投資金額は3事業所合計で約70億円です。増強の背景として、世界的な環境保護や規制により、需要拡大が見込まれるEV用モーターなどの自動車用部品の生産体制を強化し、さらなるEV事業拡大を目指します。

今回、新たに生産拠点として名古屋事業所を選定し、既存建屋の改築と量産ラインの構築を行います。また100%子会社である株式会社甲府明電舎には新規に建屋を建設し、沼津事業所には既存EV用部品生産ラインの増強を行います。本投資は、中期経営計画2020における成長投資枠200億円の一環として行います。今後も市場拡大に合わせて更なる投資を検討していきます。


甲府明電舎 新設建屋イメージ

明電舎はこれまでEV用モーター・インバーター製造のパイオニアとして培った技術力を活かし、量産設備増強を行うと同時に、新しいEV用部品の研究開発を加速させ、事業拡大に努めてまいります。

本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎 広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100