ニュースリリース 2017年AR(拡張現実)を活用した労働安全管理の取り組みを開始しました

当社は、AR(拡張現実)を利用した新しい安全管理システムの運用を2017年6月より開始しました。ARグラスをかけて場内を歩くと、あらかじめ設置されたビーコンにARグラスが反応しその場で危険個所を察知・認識することができます。本取り組みの目的は、初めて入る作業員や警備員が多い現場で、より安全、且つ、スムーズに受け入れ態勢を整わせるための導入教育です。

実際の現場で本ARを活用し、より改良を重ね各現場への展開を検討しています。明電舎は社会インフラを支える企業として今後も安全な職場環境作りを徹底し、労災ゼロを目指していきます。

使用方法

①ARグラスを装着した人間がビーコンに近づく
②半径2~3m程度からARグラスの内蔵センサーがビーコンに反応!
③その場で動画が再生され、止まって視聴する






ARグラスには内蔵されたSDカードに動画が保存されています。ビーコン反応地点(危険な箇所や安全帯非着用や撮影禁止場所などの特別ルールがある場所)で再生し、新規入構者に危険個所や現場特有ルールを知らせます。

 

ARグラス付ヘルメット版


ヘルメットへARグラスを取り付ける金具も今回新たに制作しました。一体型にすることで作業に対する負担が減るというメリットがあります。



※製作協力
企業名:株式会社谷沢製作所
製作品:ヘルメット取付金具
URL:https://www.tanizawa.co.jp/

企業名:株式会社フォーカスシステムズ
製作品:ARシステム、ビーコン
URL:https://www.fcs-mimamori.com/tag-index.php

本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎 総務部 広報担当
電話 03-6420-8100