ニュースリリース 2017年明電舎と神戸市の共同研究体が国土交通省のB-DASHプロジェクト(下水道革新的技術実証事業)に採択されました

明電舎と兵庫県神戸市( 市長 久元喜造)が共同して提案した技術が、国土交通省のB-DASHプロジェクト(下水道革新的技術実証事業)※1に採択されました。今回採択されたテーマは、実規模実証の前段階で、アナモックス細菌を用いて、これまでにない省エネ型の下水高度処理※2を実現するためのFS(Feasibility Study)調査です。現在の下水処理技術は公共用水域の水質改善に寄与する一方で、膨大なエネルギーを消費しており、消費電力量を低減しながら窒素を取り除く下水高度処理を実現する技術が求められていることが、採択された背景としてあります。
 
<本実証実験 調査対象>
① 下水中の有機物をより多く回収し、消化槽で発酵させ消化ガスを増大することを目的とした
効率的な有機物回収技術
② 汚泥処理で発生した高濃度窒素を含む廃水にアナモックス細菌という窒素を処理する細菌を用いて消化槽からの窒素負荷を低減する高濃度窒素処理技術
③ ②の工程において、発生した余剰アナモックス細菌を下水処理の反応タンクへ供給して
反応タンクでの曝気風量低減、窒素除去を行う技術

このシステム技術によって、現在の下水処理にかかる消費電力量の低減を目指します。また、本実証実験ではメンテナンス性の高い1槽型脱アンモニア設備を採用します。
明電舎は革新的な下水処理技術の開発で社会インフラを支える企業として邁進してまいります。
※1 B-DASHプロジェクト(下水道革新的技術実証事業)とはBreakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Projectの略で、新技術の研究開発及び実用化を加速することにより、下水道事業におけるエネルギー利活用の効率化やストックのLCC低減等を推進し、水ビジネスの海外展開を支援するため、平成23年度より国土交通省が実施している実証事業。公募・有識者審査により採択された革新的技術について、受託者が実規模レベルの施設を用いた技術実証を行うもの、およびその前段階として、導入効果などを含めた普及可能性の検討や技術性能の確認を行うもの。

※2 りんや窒素がそのまま公共用水域に排出されると赤潮の原因となる場合もあるため、下水からリンや窒素を除去する事が望ましいとされている。

本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎
総務部 広報担当 電話 03-6420-8100