ニュースリリース 2017年イラク電力省向け移動変電所12式内示受領

株式会社明電舎(取締役社長:浜崎祐司 / 東京都品川区、以下明電舎)は、豊田通商株式会社(取締役社長:加留部 淳/愛知県名古屋市、以下豊田通商)からイラク共和国電力省向けに132/33kV移動式変電設備12式の内示を受領しました。

イラクでは、電力の供給不足が常態化しており、一日平均7~8時間の停電が発生しています。電気の安定供給を目指すべく、発電所の新設・改修が進められていますが、発電量の増加に伴い変電設備の増設も急務となっています。 

そのような背景の中で、豊田通商がイラク共和国電力省より、固定変電所および移動変電所の建設工事プロジェクトをイラク戦争後最大額である約600億円で受注し、そのうちの移動変電所を明電舎が供給します。

明電舎は1970年代後半より、イラク向けに移動変電所を納入しており、今回供給することで合計181式の実績となります。なお、明電舎はイラク共和国電力省向けに、132kV移動変電所の他、132kV及び33kV固定変電所を1978年から合計100ヵ所以上手掛けています。

供給予定 移動変電所 仕様

相数

3

周波数(Hz)

50

定格電圧(kV)

132

定格遮断容量(kA)

31.5

変圧器容量(MVA)

31.5

接続方式

架空送電線, 変電所母線

接地方式

直接接地