ニュースリリース 2017年【120周年記念事業】タイの学校へ施設を寄附しました

明電舎は創業120周年記念事業として、創立50周年を迎えたTHAI MEIDENSHA CO.LTD.(以下、タイ明電舎)と共同でタイの学校へ施設の寄附を行い、1月25日と26日の両日に学校施設寄附の記念式典が開催されました。

【寄附内容】
ガラヤニワッターナ中高等学校 図書室・水貯蔵タンクの寄附(式典開催:1月25日)
メチェム小学校 3教室建設(式典開催:1月26日)
【協力】
認定NPO法人 アジア教育友好協会
Raks Thai Foundation

タイ明電舎は、明電グループの海外関係会社の中で最も歴史が長く、1966年にエンジニアリングを手がける現地法人として設立され、電気工事や機械工事を中心にタイの産業・社会の発展に寄与してきました。 この度明電舎は創業120周年を記念し、タイ明電舎と共同で古くから事業を展開している地域への貢献を果たすべく、タイの学校へ施設の寄附を行いました。タイの未来を拓く子供たちの一助となるよう、継続して交流事業を行っていく予定で、2017年秋には、理科の出前授業を企画しています。

120年目のスタートは、より豊かな未来の実現に向けた新たな歴史のスタートでもあります。
わたしたちは、これからも社会インフラ、ひいては人々の暮らしを支える責務を担う企業として日々の努力と創意工夫を続け、新しい技術と価値を提供してまいります。

ガラヤニワッターナ中高等学校 図書室・水貯蔵タンクの寄附

1月25日 式典にて

図書室

水貯蔵タンク


メチェム小学校 3教室建設

1月26日 式典にて

新校舎

新校舎の多目的室での授業の様子

※詳細は120周年記念特設サイト 120周年記念事業レポートにて紹介しています。

120周年記念特設サイト

本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎  総務部 広報課
電話 03-6420-8100