ニュースリリース 2016年【中部電力と共同開発】水力発電所のIoTソリューション
新制御保護システムの販売を開始しました

 

株式会社明電舎(取締役社長:浜崎祐司/東京都品川区)は、2014年から中部電力株式会社と共同開発を進めていた産業用LANによる高速フィールドネットワークを構築した中小水力発電用の制御保護システムの技術開発を完了しました。従来機である全機能一体形制御保護装置と比較して性能は変わらないまま、業界で初めて※1の省配線・小形化を実現しました。2016年に中部電力向けに初号機を納入し、同年12月から全国向けに販売を開始しました。

本システムの特長は以下のとおりです。

① 設備更新時の発電停止時間を短縮※2
従来は既設盤や既設ケーブルを撤去してからでなければ新盤据付工事ができませんでしたが、省配線・小形化によって、空きスペースの設置が可能となり、既設を稼動させたまま新盤据付工事ができます。また、既設盤の撤去も発電再開後に行うことができるため、溢水電力量を削減することができます。

② ケーブル布設工事期間を約50%削減※2
制御信号ケーブルの一部を産業用LANケーブルにすることにより、ケーブル配線作業を軽減し、工期短縮を実現しました。

③ 大幅なコンパクト化で体積・質量を約80%削減※3
クレーン車で搬入していたものが、2人で運搬可能な大きさになり、運搬作業が軽減できます。また、新設時の建築面積を小さくでき、山奥にも多い水力発電への導入が期待できます。

④ 安全性・信頼性の確保
システム異常時に水車・発電機を安全に停止させる「緊急停止装置」も搭載しています。また、EtherCAT※4冗長化システムの構築により、通信ケーブル断線時のループバックを可能としました。

⑤ メンテナンス性の向上
タブレットの採用で各機器の近くで監視・操作が可能となりました。

近年、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)の施行で水力発電事業の新規・更新案件が多く予定されています。今後も需要拡大が見込まれる水力発電市場において、本システムでの受注拡大を目指します。
明電舎は、イームル工業株式会社とのパートナーシップで水力発電システム(水車+発電機)の製造・販売も行っております。今後も高品質・高信頼の製品を提供することで、社会インフラを支える企業として安心・安全な未来を実現して参ります。

※1、当社調べ
※2、現場の状況、システム構成により異なります。
※3、当社従来製品比
※4、EtherCATはドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり、登録商標です。

 

水力発電用 全機能一体形制御保護システム

 

本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎  総務部 広報課
電話 03-6420-8100