MEIDEN 明電舎

MEMBER社員紹介

優れた製品を輩出する土台となる
生産技術を磨き、
工場の生産性に貢献し、
誰からも頼られる存在を目指す。

生産技術部 ものづくり技術課

児嶋 孝俊TAKATOSHI KOJIMA

2014年 入社

主要製品の生産効率や作業員の
業務負荷を改善する仕事です

明電舎の高い市場シェアを誇る主要製品の一つに、真空インタラプタ(VI)と呼ばれる筒状の製品があります。これは、落雷などで送電網に大量の電気が流れ込んだ場合に、大規模な事故や停電が起こらないように、電気を一時的に遮断する真空遮断機のコアとなる部品です。筒の中身は真空であり、通常時は両端から伸びた電極が接しています。これを異常時に引き離すことで絶縁状態をつくるのですが、真空状態の筒を大量生産するために、高度な製造技術が求められました。

私は、このVIや避雷器の生産効率を上げるための技術開発を任されています。最近は、VIのめっき工程の作業改善を目的に、1度に行える処理本数を9本から20本に増やせるよう治具を改良。作業員の負担を大幅に減らす効果を引き寄せました。

私は現場作業員こそが一番大変な職だと思っています。作業員の負担を自分のアイデアや技術で減らすことが出来ることは大きなやりがいです。

大学時代に追求した画像処理技術を活かせると思いました

就職活動のとき、様々な企業を受けましたが、明電舎の面接が1番話しやすく、「この会社は非常に温かい雰囲気を持った会社なのだろう」という印象を受けました。

そして、明電舎ではメンテナンス時の負担軽減のために、設備の経年劣化を察知する画像処理技術を導入していると聞き、大学時代に取り組んでいた「画像処理による人の顔の認識技術」の研究経験が活かせると考えたのが第一志望とする決め手になりました。

また、人と関わり合うことが好きな私は、社会に出たらたくさんの人と知り合い、お互いに理解し合いながら仕事をしていきたいと思っていたので、開発から、受注、製造、販売・メンテナンスまで一貫して自社で行う明電舎には、多くのお客様と密に連携を取る仕事があることを面接などの際に聞いたのも大きかったですね。

目標を数値化して、クリアできるように
挑んでいます

現在も行っているVI工場の改善は、配属されて最初に関わった大きな案件であり、個人的に2つの目標を置いています。

1つは工場の利益向上への明らかな貢献です。プロジェクトとして動いているため、工数削減や製造時間の短縮などに、明確な数値目標を設定しています。それらをクリアするために、治具の設計から設備導入などに今も挑んでいる最中なのです。

もう1つは私自身の生産技術に関するスキルの向上です。生産技術部では自社製品の全てに携わるため、幅広い技術が求められます。現場の課題解決を図ろうと思ったら、機械や電気などあらゆる知識が必要になりますが、今の自分には足りないことばかりです。このプロジェクトが完了した時には一つ上の段階にステップできるように、知識の習得などスキルアップに貪欲に取り組んでいます。

工場全体から頼りにされる生産技術者が目標です

今はまだ、仕事を進めていく上で幅広い技術知識が必要なのに、まったく足りていないことから、日々難しさ・厳しさを感じています。

一つの深い要素技術を持つだけではなく、広範囲にわたって様々な技術を知っていなければ、設備を作ることはできません。さらに、生産技術部が導入した設備が作る「製品」についても、しっかりとした知識が無ければ、新たな生産技術の導入時などで誤った選択を行い、大きなミスを引き起こしてしまう恐れがあります。

こうしたリスクがあることが、大学時代の研究とは大きく異なる、プロの仕事の難しさだと感じています。こうした難しさを一つ一つ乗り越え、いずれは工場全体から頼りにされる存在となりたいと思います。困ったことがあれば、遠慮なく相談でき、またそれに応えることができる人間に成長するのが、私の究極の目標と言えるかもしれませんね。