MEIDEN 明電舎

MEMBER社員紹介

発電用コンバータの開発で
様々な機能を実現する経験を積み、
周囲の課題解決をサポートできる
ソフトウェア技術者を目指す

パワエレ技術開発部 可変速開発課

畔上 和也KAZUYA AZEGAMI

2013年 入社

コンバータに新たな機能を付加する
ソフトウェア設計を行っています

明電舎の製品の一つに、交流の電流を直流に変換する発電機用のコンバータがあります。私は現在、お客様から求められた新たな機能をコンバータに持たせるためのソフトウェア設計を任されています。例えば、系統停電時には系統には電力を流さず、発電所内の電力だけを発電する自立運転機能など、要求通りにコンバータが動作する設計です。お客様が求める機能の中には、初めて耳にするものもあります。そのような機能の開発を自分だけで進めようとすれば、壁に突き当たります。しかし、明電舎は電力に関する装置の開発において、長い歴史を持つ企業です。様々な技術開発に関わってきた多くの社員が在籍し、全社トータルで見ると広い分野でのノウハウがあり、社内の誰かしらが、私が悩んでいる問題についての解答を知っています。分からないことが出てきたら、知っている技術者を探し出すということも、私の業務の一つといえるでしょう。

社員たちの「いきいきさに」に強く惹かれて入社しました

就職先として明電舎を選んだ理由は、明電舎の社員に「いきいきさ」を感じたからです。就職活動中、先輩方から話を聞かせてもらう度に伝わってきたのです。その「いきいきさ」は入社してからも感じていましたが、入社2年まではそれは一体どこからきているものなのか分かりませんでした。最近になってようやく、それは自分が任されている業務に対して、社員のみんなが「経験に基づいた自信」を持っているから滲み出ているものだと気付きました。明電舎では、一つの業務だけではなく、様々な業務を経験することができます。開発が営業活動や現地試験に同伴することがあります。逆に、営業の人たちが開発の現場にきて、開発業務を経験することもあります。そのため、いま自分がやっている業務が、「なぜ必要なのか」ということが把握しやすく、それが、仕事に対するモチベーションをあげ、「いきいきさ」につながってきているのだと思います。

他社の協力を得て
エヴィデンスを作成しました

小水力発電用コンバータの開発では、製品が要求どおりに開発されていることを示すエヴィデンスを作成しなければなりません。このエヴィデンスを作成するためには、試験を行う必要があります。ところが、発電機用のコンバータの試験項目の中には、開発部門が所有している機材だけでは出来ないものもあります。例えば、水力発電用のコンバータであれば、水車がなければ実際に使用される環境を模擬することはできませんし、発電機がなければ求められている量の電力を系統へ戻すことができているか確認できません。そこで、先般は発電機を所有している他工場の方々や水車メーカの方々へ連絡を取り、時間と場所と人手を割いていただきました。借用期間内に完了させなければならず、試験方法が本当にこれでよいのか迷うなど大変でしたが、今まで関わったことがない人と一緒に仕事が出来たことは非常に楽しい経験になりました。

提案から開発まで自分で進める行動力を持った存在に成長したい

私が仕事で一番喜びを感じるタイミングは、開発した機能が想定どおりに動いた時です。設計を終えたら開発用の試作機を用いて機能の検証に入りますが、最初からうまく動作しないことが多々あります。そこで設計したソフトウェアを再検証するのですが、自分では想定どおりに設計したつもりなので、ひとりでは解決するまでに時間がかかってしまいます。そんな時には、先輩に協力してもらい、一緒にソフトウェアのチェックを行います。自分では気づかないことも、誰かに協力してもらうことで、ほとんどのことはすぐに分かります。このように、誰かに気軽に相談できることも明電舎らしさです。今後は、同様に後輩をサポートしていきたいと考えています。また、現在は、営業が提示した製品仕様を満たすように開発を行っていますが、いずれは、自らがお客様先で開発要件を承り、開発まで一貫しておこなうことができる、行動力を持った技術者になりたいと考えています。