MEIDEN 明電舎

BUSINESS事業紹介

明電舎は1897年創業以来、電気機器メーカとして様々な技術や製品・サービスを創出し、社会インフラを支えるために研鑽を重ねてきた。その根底には、お客様や社会の期待に応え続けたいという私たちのチャレンジ精神、そして私たちの「ものづくりの心」がある。

社会システム事業

社会インフラの構築に関連する事業。電力品質や省エネルギーなどに関する各種ソリューションサービスや、電力会社・官公庁・鉄道・道路・民間施設などの分野に発電・送電・変電・配電などに関する各種電気機器の国内海外における製造販売を行っている。また自治体の上下水道分野には各種処理装置とそのプロセス制御、情報通信網の整備などに関する製品の製造・販売を行うほか、浄水場の維持管理業務受託など環境に関するソリューションサービスを展開している。

産業システム事業

製造業やITなど一般産業で使用されている製品システムに関連する事業。民間産業分野に受変電設備、自動車試験用システム、物流システムなどを提供するほか、繊維機械やエレベータなどの製品向けにモータやインバータなどの電動力応用製品の製造・販売を行っている。また、情報・通信分野では産業用コンピュータやネットワークシステムなどコンポーネント製品の製造・販売を行うほか、ITを活用した企業や自治体の業務高度化・効率化を促進するためのITソリューションを提供している。

エンジニアリング事業

納入製品のメンテナンスを中心として、設備の長寿命化や省エネルギー対策などの提案、設備遠隔監視などのサービスを提供し、最適な維持管理・保守・修繕・廃棄・更新をトータルエンジニアリングでサポートしている。

運用開始期 保全コンサルティング
予防保全
安定運用期 保全支援
運用管理
老朽化進行期 総合診断
延命処置
更新
  • 運用開始期
  • 安定運用期
  • 老朽化進行期

特集1再生可能エネルギーの
普及に貢献

東日本大震災以降、より必要性が再確認された「再生可能エネルギー」。明電グループは、1980年代から、太陽光発電の要となるパワーコンディショナ(PCS)の開発を皮切りに、水力発電、風力発電など事業を展開してきた。低炭素社会の実現とエネルギーのベストミックスを目指す社会のため、明電舎は挑戦している。

太陽光パネルで発電された直流電力を一般に使える交流電力に変換する太陽光発電用変換装置がパワーコンディショナ(PCS)だ。明電舎は、2012年よりPCSを製品化し、エネルギーロスの少ない製品の開発、コストダウンに力を注ぎ、PCSの拡販とともに長年培った知見で長期間安心して運用できる太陽光発電システムの総合的なソリューションを提案している。

明電舎のPCS技術は日本だけに限らず中国やヨーロッパなど各国の規格に適合している。中国では日本企業として初めて「金太陽認証」を取得、ヨーロッパでは「EN(European Norm)」、「CEマーク」に適合している。PCSは、発電所全体からみれば単なるパーツの1つに過ぎない。しかし大きな責任を背負った最も重要なパーツだ。日本のエネルギー自給率を高めていくためにも、PCSの性能を高める必要がある。PCSでこれからのエネルギーインフラを支えていく。明電舎の仕事には、そんな責任とやりがいがある。

特集2次世代自動車の走りを支え、
低炭素社会の実現に貢献

電気自動車やハイブリット車のエネルギー源として電気や水素などを用いた車の走りを支えるモータ・インバータ。明電舎はモータ、インバータの開発で、小型軽量化や高性能化を追求し、力強い加速と安定した走りを実現し、次世代の自動車を目指している。

明電舎の電気自動車(EV)用モータ・インバータの開発は、35年以上前から始まった。当時は携帯電話も普及していない時代。自動車を充電して走らせるなんて、ほとんどの人が思っていなかった。自動車会社でも本格的に取り組んでいるところはなく、EVに注目する部品メーカすら殆どない状況だった。部品1つを集めるのにも苦労した。しかし、どこの企業もやってなかったからこそ、明電舎が挑戦する価値がある。

2009年に世界初の量産電気自動車である「i-MiEV」のキーコンポーネントとなるモータ・インバータとして採用された。量産体制の構築や自動車用として求められる騒音・振動対策、小型化・軽量化など数々の課題解決に取り組んだ。そして、スピードや加速、騒音、振動など今までのガソリン車とは全く違う車が出来上がった。現在は、「アウトランダーPHEV」など4車種のモータ・インバータを生産している。
単に事業の幅を広げることだけでなく、一人ひとりの未来に直接つながっていく製品づくりを目指して。明電舎のものづくりは挑戦していく。