MEIDEN 明電舎

CLOSE UP技術系女性社員の
働き方

目の前の開発をやり抜いた先に、
希望する仕事が必ず待っています。

ICT技術開発部 モジュール技術課

山本 裕加YUKA YAMAMOTO

2006年 入社

新エネルギーのインフラ製品に
関わるのが夢でした

大学で機械工学を学んでいた私は、社会に出たら地球環境にやさしい新エネルギーの分野でインフラ構築を担うことによって社会に貢献したいと考え、重電に特化している明電舎を選びました。入社後は研究開発本部に配属され、当初はインバータなどパワーエレクトロニクス製品の開発、現在はICT製品(主に産業用コントローラ)の開発をしています。そこでは、三次元CADで設計しながら強度や熱の問題を検討し、装置の小型化、軽量化に向けて最適な形状を研究。設計が終わると、自ら試作品を組み立て、温度試験、振動試験を通じて評価・調整し、完成形に仕上げていきます。お客様との打合せから開発、評価まですべて任されるので責任も大きいのですが、やりがいもあります。上手くいかないときは、大学時代の自分の論文を読み直したり、教授にコンタクトを取って教えてもらったりすることもあります。

前向きに仕事に取り組むことが夢への近道です

当初配属されたインバータの開発部門は、新エネルギーの開発に直結する部門ではありませんでした。でも、心の中に自分の夢をしっかりと持ち、地道に取り組んでいればチャンスは来ます。インバータ開発も、省エネという部分で環境に貢献できると考え、与えられた開発に全力投球し、製品の小型化、高効率化に取り組みました。そうして今は、新エネルギーの分野にもつながるICT製品の開発に携われています。もちろん仕事は楽しいことばかりではありません。失敗もたくさんあります。例えば、ある試作機の振動試験で、部品が次々と壊れてしまったことがありました。振動試験中にユニット内部から何かが破損し落下した音が聞こえたのですが、その直後に部品やネジが折れたり板金が曲がったりするなど、散々な結果になったのです。この時は強度計算をやり直し、先輩にアドバイスをもらい、部品メーカーと打合せを重ねる中で、何とか解決することが出来ました。

上司に直談判して
新エネルギー案件に関われました

このように仕事では大変なこともたくさん出てきますが、新エネルギーの分野はそれを努力で乗り越えて頑張れるだけの、とても大きな取り組みがいがあります。入社してから一番印象に残っている仕事は、風力発電に関わる仕事です。入社して3年目に、再生可能エネルギーに関するプロジェクトが立ち上がりました。残念ながら、メンバーの中に自分の名前はありませんでした。それでも諦めきれず、私も参加したいと上司に直接談判したのです。その意欲と日頃の取り組みが認められたのか、技術的な面でスキルのマッチングを認められたのか分かりませんが、なんと望み通りプロジェクトの一員として、風力発電機に入るインバータの開発に携わることになったのです。2年にわたるプロジェクトでしたが、あっという間に過ぎました。手応えは十分。お客様から完成品の小型化、軽量化を評価され、とても嬉しかったです。

ダイバーシティはこちら DIVERSITY

人事からのお知らせ

明電舎では技術系女性の採用に力を入れています。
ご不明点ある場合はお気軽にお問い合わせください。

03-6420-7509

saiyou@mb.meidensha.co.jp担当:草川