IoT防災監視サービスイメージ図

IoT防災監視サービスIoT防災監視サービス

IoT防災監視サービスは、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用して、浸水情報を可視化し、的確な水防活動を支援するサービスです。 LPWAネットワークにより、浸水情報をリアルタイムで捉え、降雨レーダー情報と連携することで、近年増加しているゲリラ豪雨などに対して、低コスト、低消費電力で広いエリアの的確な水害対策を支援します。

お問い合わせ

特長

LPWA活用イメージ図
IoT防災監視サービスイメージ図

LPWAネットワークにより低コスト・低消費電力のIoT通信を実現することで、維持コストを大幅に抑えることが可能です。

  • 省電力&広域無線通信
    「LPWA」により低消費電力で広いエリアをカバーします。
  • 通信費の低減
    LPWAネットワークの一つであるLoRaWAN™※1(ローラワン)では3G/LTE通信は基地局のみで、通信費の低減が可能です。
  • 面的な情報把握
    IoTネットワークにより、リアルタイム情報収集が容易です。
    低コスト・低消費電力のIoT通信を活用し、面的にセンサデバイスを配置した場合でも維持コストを抑えることが可能です。
  • 施工性の確保
    マンホール内部などにセンサデバイスを設置するだけで、電源引き込み工事や通信回線工事は不要です。
  • リアルタイムな情報
    クラウドによるデータ管理によりユビキタスでリアルタイムな情報把握が可能です。

※1 LoRaWAN™は、Semtech Corporation(セムテックコーポレーション)の商標です。
※2 マンホールアンテナは、東京都下水道サービス㈱と日之出水道機器㈱および㈱明電舎との共同開発品です。

サービス


(1)内水氾濫による浸水情報を提供します。
(2)面的にリアルタイムな水位情報などを提供します。

この製品に関するお問い合わせ
[水・環境システム事業部 営業部]

03-6420-7320