ページ内を移動するためのリンクです

叶える人、叶える技術。明電舎

人々の暮らしを支え、発展の礎となる社会インフラ。
明電舎は120年前からその社会インフラを電気のちからで支え続けています。
人と技術」世界中の社会課題と向き合う明電グループの
知られざる姿をご覧ください。

効率的な
エネルギーマネジメントで
社会を変える

EMSで病院のエネルギーコスト1割削減

新しい電力供給の形、
地域内の電力最適化を目指す

06

市立室蘭総合病院
事務局長新井 一

EMSを導入することで、病院内のエネルギー運用効率を高め、エネルギーコスト削減とBCPの両立に取り組んでいます。

明電舎 電力・エネルギー事業部
エネルギーシステム技術部
システム技術課宇山 孝士

明電舎のEMSの特長は、電源システムを統合的に管理、制御することで、需要側だけではなく供給側も含めたエネルギー全体の効率化を推進できるところです。

明電舎 電力・エネルギー事業部
エネルギーシステム技術部平嶋 倫明

自治体を中心とした新電力が立ち上がり始めている中、EMSの技術を通して、域内の電力最適化だけでなく、地域活性化など、より良い社会の実現を目指します。

AI

ICT

下水処理場の未来を見据えて
現場データを技術開発に生かす。

05

明電舎 ICT統括本部 開発部
IoT製品開発課武田 秀一

下水処理設備の異常の予兆を捉えるため、データを常時収集する技術の開発に取り組んでいます。

明電舎 ICT統括本部 開発部
IoT製品開発課藤田 浩輔

設備に取り付けた電流センサーからリアルタイムで放電現象をつかみ、異常を検知するAI診断システムを開発中です。

明電舎 ICT統括本部 企画部
西澤 廣純

日本各地で社会インフラの老朽化と、自治体予算のスリム化が進行しています。明電舎のICTを活用して効率的なインフラの運用・維持を実現していきます。


急速な発展を続けるマレーシアの鉄道網。
その安全・安定輸送を架線検測の技術で支えています。

04

MEIDEN MALAYSIA SDN. BHD
KVMRT Project老久保 敦

国の経済成長に果たす役割が年々大きくなるマレー鉄道。その電化区間は今や1000kmに達します。鉄道に電力を供給する架線の異常を早期発見し、メンテナンスに繋げることは、鉄道の安全・安定輸送を維持するために欠かせません。

明電舎 電鉄システム事業部 技術部
村松 勝

架線状態を正確に把握することで高精度の保守作業を効率的に実現できます。将来的にはAIを導入し、更なる進化を目指します。

明電舎 電鉄システム事業部 営業部
小島 直人

アジアを中心に海外からも架線検測装置への引き合いが増えています。実績を重ねて、将来は鉄道発祥の地、欧州への導入も実現したいですね。

EV

加速する自動車の電動化を
駆動システムのパイオニアとして支えています。

03

明電舎 モータドライブ事業部
インバータ技術部 中野 義則

創業以来培ってきたモーターやインバータの技術を生かし、EVの普及に貢献することで次世代の環境課題に取り組んでいます。

明電舎 モータドライブ事業部
インバータ技術部 加計 浩明

新しい技術を取り入れながら、モーターやインバータの小型化・高出力化を進め、EV駆動システムの更なる効率化を目指します。

明電舎 モータドライブ事業部
EV営業部 林 朗

世界的に加速するEVシフト。自動車産業の転換期において、電動車の黎明期から培ってきた確かな技術力と提案力でお客様と社会に貢献していきます。

効率的な上下水道の維持管理。
佐渡市上下水道広域化の取り込みに迫ります。

02

明電ファシリティサービス齋藤 久司

同じ島内でも地域ごとに、置かれる環境や課題が異なる中で、それぞれに最適な維持管理サービスの提供に努めています。

明電ファシリティサービス石瀬 文博

切っても切れない下水処理と電気技術。電機メーカーの強みをいかしたワンストップサービスを提供しています。

明電ファシリティサービス宇貝 和幸

「佐渡の水はおいしい。」と言っていただけるように、地域の水環境を支えている喜びと使命感を持って取り組んでいます。

明電舎 新潟支店宮澤 良文

上下水道の拡大・整備から、広域化・効率化へと課題が変化する中で、明電グループは早くからその解決に取り組んできました。

明電舎 水・環境システム事業部 技術部
川内 一芳

明電グループの水環境ビジネスは、単に製品を納めるだけではありません。電気技術や維持管理のノウハウをいかし、官民連携の強みを最大限に発揮して、社会課題を解決していくのが大きな使命です。

世界への扉を開く運命の一戦
信頼性と高効率を両立した発電システムで
開催を支えています。

01

明電舎 発電事業部 発電技術部
石原 宗

埼玉スタジアムの効率的な電力利用をコージェネレーションシステムで実現しています。

明電エンジニアリング梅﨑 健太

明電グループのノウハウをいかした保守・メンテナンスで、安定的な設備運用をサポートしています。

明電舎 電力・社会システム事業部
社会システム営業部吉川 和秀

埼玉スタジアムだけでなく、国・自治体が管轄する施設や民間の商業ビル、病院など、多くの社会インフラを支えています。

叶える人、叶える技術。 グラフィック紹介

NEXT COMING SOON!

COMING SOON

COMING SOON

ページの終わりです