明電舎 Recruiting Site 2020 インタビュー

資材グループ 生産調達部
文学部 文化歴史学科卒 / 2016年入社
眞浦 惠聖
フットワーク、交渉力、調整力を発揮し、
資材の安定調達を支える。

工場とサプライヤーの間に立ち、
最適な資材調達を実現

入社後、プレス品、導体、板金、海外部材の調達を担当し、品質・コスト・納期を満たすための行動力、調整力、交渉力が身につく経験を積み、2年目にはスイッチギヤ工場でサブリーダーとして海外案件などに対しコストダウンの取りまとめを行いました。3年目から現部署にて板金部材、絶縁物、鍛造品の調達を担当しています。
この仕事で最も苦労するのは、サプライヤー、工場の間での調整を行うところです。買う立場、売る立場で意見が食い違うことが多々あり、うまく落としどころを見つける必要があるからです。例えば、価格では、まずサプライヤーと何がネックになるか話し合い、「溶接構造を曲げ構造にする」「材質を変更する」などコストダウンのための意見をヒアリングします。また、当課だけでは判断できない図面に関することを設計部に相談します。もしも調達品に不良が発生した場合は、品質保証部、設計部、サプライヤーと迅速に処置方法を協議します。そうした中、重要なのは、それぞれの立場を尊重しながら、良好な関係を築くこと。それが資材の安定調達ひいては最適なものづくりにつながっていくと考えています。

調達のやり方は、100人いれば100通り。
そこに面白さがある

学生時代、海外で過ごし、日本メーカーの製品が現地の人々の生活を支えている光景を目にしているうちに、自身も世界のインフラを支える担い手となりたいと思うようになりました。中でも明電舎は高校時代過ごしたシンガポールと関係性が強いことから興味を惹かれました。また、会社の規模感から、一人あたりの裁量が大きい点に魅力を感じ、入社を決めました。
入社後の働き方は、自分の思っていた通り。担当部材の管理をすべて一任されているため、自身の裁量がとても大きいです。調達部材を「どこ」から、「いくら」買うのかも、自分の裁量次第なら、コスト低減することで、営業とは異なる切り口で利益を創出することも可能です。また、サプライヤーの新規開拓も任されています。国内、海外問わず、良いと思う会社があれば、工場に提案、具体的な話になれば実際に訪問して確認します。工場とサプライヤーと連携して、品質・コスト・納期を満たす調達のやり方は、100人いれば100通りある。裁量が大きい分責任も重い業務ですが、自分の考えやアイデア、個性を駆使して仕事ができることに幸せを感じています。
また、資材の調達だけが仕事ではありません。製品の開発段階から入り込み、新製品のコストダウン、安定調達を開発部と協議するなど、裁量だけでなく、活動の場も大きいです。

軽快なフットワーク、
行動力がより良い成果につながる

調整役が多い資材調達では早期の情報伝達が求められます。工場、サプライヤーからの依頼に対して、自身で内容を把握した上で、適正な部門に早期につなげることが安定調達を支えます。電話でのやりとりが多いですが、時には顔を合わせて伝えるべき事項も出てきます。海外のサプライヤーを担当すればグローバルに活動することも求められます。資材調達はデスクワークのイメージを強く持たれますが、実は軽快なフットワークがなければ務まらないのです。
また、交渉力と調整力も重要です。高く売りたいサプライヤーと、安く買いたい資材とでは意見が合わないのは当然のこと。コスト低減のための交渉は必須です。しかも、当課では加工品の調達を行うため、交渉相手は社長など加工のプロになります。加工、製品知識がなければ交渉などできません。また、その部材がどのように使われているか。その知識が原価低減のアイデアにつながることもあります。
実は今、資材調達で蓄積した交渉力、調整力、フットワークの良さを活かして、営業職に挑戦してみるのも面白そうだと考えています。そして、営業と資材の橋渡しとなり、部門を超えた協力関係を築いていきたいですね。

メッセージ

明電舎はインフラを支える会社です。人々の生活を支えるため、その仕事に失敗は許されません。そのため大きなプレッシャーがあり、くじけそうになる時もあります。しかし、会社一丸となってプロジェクトを達成した時には言葉にならない達成感を得ることができます。世界を支えるプロフェッショナルになりたいあなたと共に働けたらうれしいです。