経営企画グループ 経営企画部
政治経済学部 経済学科卒 / 2017年入社
D.I.

D.I.

企業経営の補佐役として、
経営戦略の立案・実行支援を担う。

明電舎グループの持続的成長に向けた
プロジェクトを推進。

経営企画部は、いわば「企業経営の補佐役」。関係会社を含めた明電グループが持続的に成長できるよう、社長をはじめとする経営層、各部門・工場、関係会社と連携し、企業グループ全体としての経営戦略の立案や実行支援を担います。 プロジェクト全体の指揮を取ることもあれば、第三者視点での助言や軌道修正を行うこともあり、主観性・客観性の両輪が求められます。その中でも私は現在、複数のプロジェクトを兼任しています。そのテーマは既存ビジネスのさらなる収益力向上や、新しいビジネスモデルの探索など様々。 そこでスケジュール管理や調査、分析、資料作成などを主に担当しています。
そうしたプロセスの中で大変なことや壁にぶつかることもありますが、自身が経営戦略の立案・実行支援の一端を担っていることにやりがいと誇りを感じます。
また、大型プロジェクト案件やM&A等のリスクを事前に洗い出す審査メンバーも兼任しています。大規模な案件で問題が発生したとしても、損失を最小限にするために、財務や法務、技術部など、各分野におけるスペシャリストと一緒に、契約、財務、技術など多角的な視点から事前にリスクの洗い出しを行うのです。 この仕事の醍醐味は、企業経営の最前線に間近で関われるところです。

求められるのは、ミクロからマクロまで
幅広い知識・スキル。

経営企画部の仕事には、広く深い知識やスキルが必要です。経営戦略の立案には、多角的、かつロジカルなアプローチが求められるからです。一方で、個人的に特に重要だと考える要素は「人間力」です。経営企画部は、経営層から他部門、関係会社など業務上関わる方々が多岐にわたり、取りまとめ役・調整役を担うことが非常に多い部署です。 丁寧な姿勢や分かりやすい説明はもちろん、厳しいことでも言うべきことは言うという姿勢も求められます。一見簡単なようで、実は非常に難しいことです。私自身はまだまだ未熟者。
さらに多くの知識を積み上げること(=インプット)が、戦略立案や資料作成(=アウトプット)のために非常に重要だと考えています。そのため、日頃から社内資料に目を通して最新の情報を得るだけでなく、セミナーへの出席や資格取得のための勉強を通じて、社外の情報や今の業務に関連する知識の習得に注力しています。

若手社員が働きやすく、
活躍できる環境がある。

私が明電舎への入社を決意した一つの理由は、社員同士のコミュニケーションが非常に活発であること。それは今も変わりません。オン・オフのメリハリがある社員が非常に多いので、仕事の会話からプライベートな会話まででき、若手社員にとっても働きやすい環境です。また、若手時代から様々な業務を経験させてもらえるので、1年目から仕事にやりがいを感じることができます。私自身、配属直後から多くの業務やプロジェクトに携わることができました。難しい業務もあり、時にはミスをしてしまうこともありましたが、上司や先輩社員からの丁寧な指導やフォローのおかげで、いつしか私も主体的に行動できるようになりました。今後もさらに経験、ノウハウを積み上げていき、将来は海外赴任してグローバルな企業経営の戦略立案に携わりたいですね。異なる地域、文化、言語に触れるのはきっと楽しいだろうなと思います。

メッセージ

昨今の著しい社会変化に対応するためには、常に新しい発想が求められます。皆さんも、将来、社会がどんな姿になり、何が求められるのか想像してみてください。そして、「私はこうしたい、私ならこうする」という自分なりの考えを持ち、そのために自分ができることは何か、そんな思いを就職活動で表現してください。皆さんが就職活動を通して、多くの気づきを得て、納得のいく道に進めるよう応援しています。

※内容は取材当時のものです。