明電舎 Recruiting Site 2020 インタビュー

営業企画グループ 営業推進部
総合政策学部 
総合政策学科環境政策フィールド / 2016年入社
高橋 一二三
明電舎の営業活動の進化・深化へ向けて、
教育プログラム、制度・政策を企画。

営業担当者、代理店の
営業活動の環境を整備

私が所属する課のコンセプトは、「営業活動の環境整備」。営業のみなさんが日々の営業活動に取り組む上で発生する社内手続きのサポートやルールの遵守、営業のスキルアップなどの取り組みを行っています。その中で私が今担当している業務は大きく二つあります。一つ目は、営業部門の人財育成に関わる業務です。明電舎の営業力を向上するためには、営業担当者の個々のスキルアップが欠かせません。そこで、製品、財務、法務の知識や、コミュニケーションスキルなどを身につけ、多角的にレベルアップできるような教育プログラムを企画・実施しています。二つ目は、代理店の統括業務です。明電舎の営業活動は、営業の他に、代理店と呼ばれる企業も行っています。代理店へのコミッション(手数料)の管理や、代理店を効率的に活用するための制度・政策に携わっています。
こうした仕事を通して、コンサルタントをはじめ外部の方々と触れることができるのは刺激的です。また、チームで打合せをしながらアイデアを出し合ってプログラムをつくっていく中で、自分の努力が形になって目に見えることにやりがいを感じています。

「今」ではなく、
先を見据えて企画することが重要

企画部門の仕事の要は考えること。私は、資料作成や打合せ、相談などの際に、「自分はどう思うか」を前提とした上で仕事を進めるようしています。とはいえ、頭に浮かんだことをアウトプットするだけでは、一担当者の目線でつくる企画内容にすぎません。管理職向けの仕事も多いため、上の方々が必要とすることを想像して企画することが、今の私の課題だと日々感じています。そこで求められているのは、どこまで先を見据えられるか、どこまで高い(上の人)目線で考えることができるか、です。そのために目の前の仕事を「今」ではなく、1年後、2年後を想定しながら逆算して進める必要があると考えています。
さらに、これからもっと意識付けていかなければならないのは、「仕事の流れの全体を俯瞰してみる」ことです。そうすることで仕事の背景も捉えることができます。私自身はまだ実践できていないのですが、周りの先輩たちはそのように仕事を進めているので、どんどん真似をしていきたいですね。そうした中で、従来のやり方を踏襲するのではなく、改善できるところは積極的に変えていきたいと考えています。

若手社員への期待に応えて、
積極的に仕事に取り組む

私が明電舎に入社を決めた理由は、インフラを扱う企業だったことと、内定をいただいた企業の中で一番社員を大切にしている会社だと感じたことです。また、多くの女性が活躍していることを知り、チャレンジの幅が広がるのではないかと思いました。
入社してみると、私のような若手社員でも活躍できる風土がありました。実際、今担当している営業教育の業務は2年目に主担当を任せていただきました。上司や先輩方には、若手らしい「新しい目線」「異なる観点」を持って第一線で業務に携わり、より良い成果を出すことを期待されています。とはいっても、決して放任ではなく、何かあった時は必ず助けてくれるような信頼関係が築かれている職場です。
また、私の部署には多くの女性管理職やプロジェクトの中心メンバーとなる女性社員がいます。そのような恵まれた環境の中で、私も自分ならではの存在価値を示していきたいです。まずはその第一歩として、明電舎の営業部門・代理店ともに営業活動がしやすくなるような仕組みを考えていきたいと考えています。

メッセージ

物事に対してより良くしたいというパッションを持っている人に入社してきてほしいです。言われたことを素直に行うのではなく、自分色を持って取り組む姿勢が大事だと思っているのです。明電舎は学生一人一人にじっくり向き合う会社です。ぜひ、選考でみなさんの想いをぶつけてください。一緒に働ける日を楽しみにしています。