ニュースリリース 2021年明電舎社員が設立した防災・BCPトータルサービスのスタートアップ
経済産業省「出向起業等創出支援事業」に採択される

株式会社明電舎(取締役社長:三井田 健/東京都品川区、以下明電舎)は、2018年から、新しいビジネス領域へのアイデア創出と新たな価値の創造を目的に、全社員を対象とした新規事業のアイデアを募集する新規事業開発プログラムを行っています。
この度、明電舎社員により設立された「株式会社レジリエンスラボ(代表取締役CEO:沖山 雅彦/東京都品川区、以下レジリエンスラボ)」が、経済産業省 令和3年度「出向起業等創出支援事業」(大企業人材等新規事業創造支援事業費補助金)に採択されましたのでお知らせします。

レジリエンスラボは、企業・組織・自治体を対象に、「BCP対策デザイン事業」と「共同備蓄サービス事業:BCPチャージ」の事業創出を進めてまいります。お客様のニーズに添った提案・サービスの提供、新たな価値の創造を通じ、日本の社会課題である「災害に強い社会づくり」への貢献を目指します。

株式会社レジリエンスラボ



設立日 2021年8月2日
代表者 代表取締役CEO 沖山 雅彦
本社所在地 東京都品川区大崎2-1-1ThinkPark Tower
HP  https://resilab-jpn.com/
問い合わせ  info@resilab-jpn.com

事業内容 ①BCP対策デザイン事業、②共同備蓄サービス事業「BCPチャージ」






明電舎は今後も、従来の事業領域だけでなく新しい領域への事業拡大を目指し、組織・個人発のアイデアを磨き、事業化に結び付ける取組みを推進してまいります。さらに、脱炭素社会やレジリエントな社会の構築に向けた新規事業の創出や他社との共創を通じたイノベーションを実現するため、社会課題やニーズをいち早くキャッチし、自発的に事業を創造・革新して成長できる企業を目指します。


※出向起業等創出支援事業(大企業人材等新規事業創造支援事業費補助金)
経済産業省 令和3年度「大企業人材等新規事業創造支援事業費補助金」に基づき、出向起業を活用して新規事業開発を行うにあたり、事業開発活動費用(プロトタイプ開発、実証実験等)の一部を補助するもの。


※出向起業
自社内では新規事業に挑戦できる環境・機会が得られにくい課題が存在する大企業などに所属している人材が、自社の通常業務から切り離して新規事業創造に挑戦する取組みの中で、下記条件を満たすもの。

①所属元企業以外の資本を80%以上活用して会社を設立すること。
②大企業等に所属する人材が、自ら設立した新会社への出向等によりフルタイムで経営者として実務に従事すること。
③設立した新会社および出向等により従事する経営者に対しては、そのまま独立する、または所属企業へ戻る計画・オプションが用意されていること。


本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  コーポレートコミュニケーション推進部 広報・IR課
電話 03-6420-8100


明電舎社員が設立した防災・BCPトータルサービスのスタートアップ 経済産業省「出向起業等創出支援事業」に採択される(PDF:790KB)