ニュースリリース 2020年明電舎 名古屋EV工場新ライン本格稼働のお知らせ

このたび、株式会社明電舎(取締役社長:三井田 健/東京都品川区、以下明電舎)は、EV事業の更なる安定と拡大を目的に、名古屋事業所内に生産ライン構築を進めておりました、電気自動車用モータ・インバータの新ラインが完成し、12月18日に稼働式を執り行いました。

<EV工場外観>

本投資は、中期経営計画2020における成長投資枠の一環として行うもので、拡大するEV市場の要求に対応することを目的に、当社初の車載用モータ・インバータ一体機の生産工場として、更なる事業規模拡大を目指します。
稼働式には、畠山一成中部経済産業局長、大村秀章愛知県知事他、多数の来賓の皆様にもご出席いただき、当社社長三井田と共に、式典後のテープカットにもご参加いただきました。

左から、中部経済産業局 畠山局長、明電舎 取締役社長三井田、愛知県 大村知事

「脱炭素社会」の加速、自動車の電動化・情報化・知能化の技術が急速に進化する中、当社は、「電動化」に注力し、今後も車の自動化を通じて社会に貢献すべく、EV事業に注力してまいります。


稼働式にて 左:明電舎社長 三井田、右:中部経済産業局 畠山局長


稼働式にて 左:明電舎社長 三井田、右:愛知県 大村知事


■EV工場建屋概要及び設備導入
・延べ床面積:約4,600㎡
・生産能力:17万台/年(最大年間生産台数)
・製品の特長
①モータ・インバータの一体化
⇒これまで2拠点でモータ、インバータを製作していたが、名古屋では一体型を製作
②平角線の採用による高効率化
⇒従来の丸線を平角線に変更し、高効率化を図った
・徹底した品質管理
①生産の自動化
⇒自動化率を向上し、ヒューマンエラーを排除
②画像検査
⇒欠品検出、ネジ穴・ケーブル位置検出、締め付け位置管理等
③温度管理
⇒焼嵌め条件の管理、接着剤硬化条件の管理等
④工程データの一元管理
⇒トレーサビリティデータベースとの連携



本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報・IR課
電話 03-6420-8100 


 

明電舎名古屋EV工場新ライン本格稼働のお知らせ(PDF:782KB)