ページ内を移動するためのリンクです

A456C一体型とセパレート型
A456Cプローブ一体型
プローブ一体型底面の測定プローブ
セパレート型と標準プローブの組み合わせ

計測制御機器デジタル膜厚計
A456C(Elcometer)

鉄下地用(電磁式)、非鉄下地用(渦電流式)、両用(デュアル式)の3種類があります。
測定プローブを本体に内蔵した一体型と、プローブと本体をコネクタで接続して使用するセパレート型があります。
ベーシック・スタンダード・トップの3つのモデルがあり、スタンダードとトップはデータ保存機能、Bluetoothによる無線データ送信が可能です。

お問い合わせ

特長

見やすいカラー液晶画面

豊富な種類のプローブ

測定する下地金属に合わせて、
電磁式(鉄下地用)
渦電流式(非鉄金属下地用)
デュアル式(鉄・非鉄金属の両用)の3つのモデルがあり、いずれも以下の特長があります。

  • 一分間に70回以上の高速読取り
  • 大きく見やすいカラー液晶画面
    グラフや統計値なども表示可能です
  • 防塵防水(IP64)で、壊れにくい頑丈な本体
  • セパレート型には、測定面の形状や膜厚に合わせ、豊富なプローブを用意しています
  • スタンダードモデル・トップモデルはデータ保存機能があり、Bluetoothによる無線でのデータ送信が可能

用途

  • 自動車・船舶・プラント・重電機機器などの、金属上の塗装膜厚測定
  • 溶射膜、溶融亜鉛メッキ、アルマイトなどの膜厚測定
  • 金属上のガラスコーティング、ゴムコーティングなどの膜厚測定

主な仕様

測定範囲 標準は0~1,500μm
プローブのタイプにより、最大31㎜まで測定可能
精度 標準0~1,500μmの場合 : ±2.5μmまたは±3%
データ保存件数 ベーシックモデル : 直近の5点のみ
スタンダードモデル : 1バッチ1,500点
トップモデル : 2,500バッチ150,000点
(バッチとはデータを収納するフォルダの事です)
Bluetoothによる
無線データ送信
スタンダードモデルとトップモデルで対応
使用温度 -10~50℃
本体サイズ・重量 141mm x 73mm x 37mm
プローブ一体型 156g
セパレート型 161g

※Bluetoothは、米国Bluetooth SGI Incの登録商標、Elcometerは、Elcometer Limitedの登録商標です。 

この製品に関するお問い合わせ

03-6384-6690

ページの終わりです