ページ内を移動するためのリンクです

MDL1Nシリーズ
MDL1Nシリーズ回路構成

計測制御機器超小型データロガー
MDL1Nシリーズ (NEAT)

歪/温度/加速度のデータをワイヤレス収録ができる軽量・超小型データロガーです。

お問い合わせ

特長

MDL1N製品特長

MDL1N-2SG 標準ケース外形図

駆動電源の小型軽量化

光センサによるトリガ機能

光センサによる位置情報取得

自動車開発環境は、従来、回転体から信号を取り出す方法として、テレメータやスリップリング等が用いられおります。
アンテナの取り回しの難しさ、電波障害等の理由で、信号取りが困難な事象へのデータ収録適用を求め、回転体に取り付け可能となる「超小型データロガー」を開発、製品化致しました。

  • 小型軽量化
  • 高周波サンプリング
  • 駆動電源の小型軽量化(小型電池の使用)
  • 高集積回路設計と低消費電力化
  • 位置情報信号

仕様一覧

CPU 32ビットマイコン
ADC 12bit 2ch
フラッシュメモリ 64MB
サンプルルート 歪入力タイプ 1s/s~100Ks/s
温度入力タイプ 1s/s~1Ks/s(各レンジ設定)
収録時間 10Ks/s×2ch 64MB収録で約30分(連続収録)
通信方式 有線通信による条件設定及びデータ転送
本体寸法 36.2×21×4.8mm(MDL1N-2SG 歪2ch入力)
重量 約5g

基本機能・システム構成

基本機能

  • 超小型・軽量(本体約5g以下 タイプ別)
  • AD入力2~6ch搭載 3タイプより選択 (歪入力2ch/4ch 温度入力8ch 電圧入力6ch)
  • 最高100KHz 2ch同時サンプル収録が可能 (歪入力タイプ)
  • 赤外線光センサ受光部搭載
  • リチウムイオン2次電池使用(選択可)

システム構成

搭載事例

MDLシリーズ 適用事例

適用対象 適用事例 計測センサ 設置部最高回転数(rpm)
エンジン エンジンピストン温度計測 熱電対 6000(往復動)
ピストンリング圧力計測 圧力センサ 6000(往復動)
CVT(無段変速機) ベルト作用計測 歪ゲージ 2000(楕円運動)
プーリ振動計測 加速度センサ 2000
MT・AT
(有段自動変速機)
ギヤトルク計測 歪ゲージ 6000
プラネタリ部荷重、温度計測 歪ゲージ
CA熱電対
6000
シャフト シャフト応力、トルク測定 歪ゲージ 6000
モータ ロータ磁石温度測定 CC熱電対 6000
ガスタービン ガス温度測定 熱電対 30000

搭載箇所

カスタム製品

カスタム製品

この製品に関するお問い合わせ

03-6384-6690

ページの終わりです