MEIDEN 明電舎

MEMBER社員紹介

会社の戦略や利益計画の取りまとめ役
である経営企画部の一員として、
会社の成長に貢献したい。

経営企画部 管理課

藤井 望NOZOMI FUJII

2013年 入社

全社の利益計画を取りまとめ、経営層への
報告資料を作成しています

私の所属する経営企画部では、会社のビジョンや中期経営計画・年度計画を取りまとめ、実際にその通りに進んでいるかどうかをトレースしながらチェックする役割を担っています。その一員として、私が担当しているのは、売上や利益の目標設定、また実績トレースの取りまとめです。具体的には、毎月の実績を計画や過去実績と比較して分析・評価し、経営層へ報告するための資料作成です。また、会社の計画や実績を社外の株主や投資家に発表する際の、数値面の取りまとめにも取り組んでいます。若手社員であっても、責任のある仕事をどんどん任せられるので、自分が経営に関わっている実感は大きいですね。また、経営層や社内の各部門、さらには社外との幅広い交流を通じ、様々な情報や幅広い知見を得られるので、日々の取り組みが自分自身の成長に繋がっていると感じられます。

仕事に真剣に向き合う先輩たちと一緒に仕事をしたいと思いました

就活をスタートする前から、社会を支えるインフラに関わる仕事がしたいと考えていました。そこで、社会インフラに関わる企業を数多く訪問したのですが、会社によってカラーが大きく異なることに気づきました。明電舎の場合は、会社訪問から面接へと進んでいく度に、強く惹かれるようになりました。社員の方々が仕事に対し責任感を強く持って臨んでいること、また人を大事にする社風があることが伝わってきたのです。そして、このような方々と一緒に仕事がしたいと考え、明電舎に入社しました。

現在、会社全体の計画の策定や実績トレースの業務を任されているので、社内の多くの部門と関わり、様々な方と接する機会が多いのですが、就活の際に感じたことは間違っていなかったと再確認しています。各部門に経営層の考えを伝えたり、部門間の調整をしたりする際に、誰もが自分たちの仕事に真摯に向き合っていることを感じるからです。

自ら学んで壁を乗り越えることに
積極的に取り組みました

2年前に、工場の管理に関するプロジェクトに参加した時のことです。当時、各工場には在庫や作業時間の管理強化が求められていました。そこで、まずは現状の把握、会社としての考え方のまとめ、また改善に向けた目標の立案に、約1年間携わりました。

新人だったこともあり、初めは会議で交わされる議論についていけず、右も左も分からない状況に。そこで、社内の勉強会に参加し、分からないところは上司や先輩に聞いて徹底的に勉強しました。さらに、今回の課題について自分の考え方をつくることにも注力。プロジェクト会議の事前に、自分なりに提案しようとしている内容について、上司にチェックしてもらいました。そうした努力を続けた結果、1年後にはプロジェクトの成果を経営層に発表するまでに成長できました。この時に学んだ、積極的に挑む姿勢の大切さや、自分の考えを持つ大切さは、今後の仕事でも生かしていきたいと考えています。

本気で人のことを考える人材になり、広く信頼されたい

「明電舎らしさ」とは、人を大事にすることだと思います。それは、優しく接するだけではなく、相手の今後の成長を真剣に考えて、時には厳しくアドバイスをすることだと思います。実際に、明電舎には真剣かつ丁寧に指導してくれる先輩がたくさんいます。自分の勉強のために、作成した資料を見て欲しいと先輩に頼んだ際、自分が書いた分量の倍くらいのコメント付きで資料が返ってきたこともありました。本気の指導に、人を大事にするという「明電舎らしさ」を強く感じたのです。私の将来のビジョンは、多くの先輩方のように人を大事にする姿勢を貫き、内外から信頼されるコーポレートスタッフとなることです。これまでは社内の数値面の取りまとめに主に取り組んできましたが、今後は製品や戦略の勉強もしていきたいと考えています。また社内だけではなく、社外とのつながりも積極的につくっていきたいと考えています。