2015年No.4

meidenjihou 2015年 No.4

2015 No.4 通巻349号
ダイナモメータシステム特集

自動車産業の発展とともに当社の自動車試験装置は進化してきた。最近では,環境対策と運転性能向上を両立するため複雑化した自動車システムに,新しい開発手法の「モデルベース開発」(MBD)が取り入れられている。
本号では,開発効率向上のためのシミュレーション技術を応用した設備や小形化をコンセプトとしたTYPE-iシリーズ製品など,最新の自動車試験装置に対する当社の取り組みを紹介する。

目次

シャシダイナモ試験…長年やっているといろいろ…

鈴木央一

02

ダイナモメータシステム特集に寄せて

松下法隆

07

TYPE-iシリーズ

シャシダイナモメータ TYPE-i

三浦秀文
兒玉安紀彦
大槻和久
渡邉健二

09

ドライブロボット TYPE-i

奈良隆弘
兒玉安紀彦
渡邉健二
菅家正康

15

ドライブトレイン試験用FREC DYNAMOMETER TYPE-i DT220

高橋利道
野村響一
清水貴浩
鳥海津太

18

ドライブトレイン試験用操作計測システム TYPE-i

中川貴浩
招 行正
兒玉安紀彦

22

シミュレーション

加振用駆動機

小川一博
川久保憲次
清水貴浩

26

フラットベルトシャシダイナモメータ

浅倉伸彦
弘永浩司
金子 諒

29

(独)交通安全環境研究所納入4輪独立型

シャシダイナモメータ

高畑 洋
高森 肇
兒玉安紀彦
渡邉健二

32

ダイナモメータ制御装置 THYFREC VT340DY

石崎友章
石垣真吾

36


ラボラトリエンジニアリング

完全無響室を備えた騒音実験棟(フルターンキー工事)

渡邉紀之

39