THYFREC CV240S

交流モータドライブ電源回生コンバータ THYFREC CV240S

負荷の回生電力を電源に戻す回生運転を行い、省エネに貢献するコンバータです。

お問い合わせ

製品特長

入力電力波形のイメージ
高調波含有率

入力電流波形を正弦波になるように正弦波近似PWM電流制御を行い、電源側への高調波を大幅に抑制します。インバータと組合せて使用した場合、経済産業省高調波ガイドラインの「自励三相ブリッジ(K=0)」として扱うことができます。
当製品は、PWM制御方式の他に、120°通流制御方式を備えており、廉価な入力フィルタでの電源回生運転が可能です。急減速や頻繁に加減速を行うような用途に最適で、回生エネルギーを電源に戻すことで、大きな省エネ効果が得られます。
200V系:7.5~90kWの6機種、400V系:7.5~660kWの14機種をシリーズ化しています。

  • 電源側の高調波電流を抑制
  • 高力率制御の実施
  • 電源回生運転による省エネ
  • 共通コンバータ方式が可能

用途・ソリューション

周波数設定を急激に下げたり、減速などの時にインバータの出力周波数よりもモータの実速度のほうが大きくなった状態で運転すると、モータからインバータへ電気エネルギーが戻ってくることがあります。これを「回生」といいます。
通常、回生エネルギーはインバータの直流部に接続した回生放電抵抗器(DBR)で熱に換えて消費させます。この回生エネルギーを、電源回生用コンバータを介して電源側に戻すことにより、無駄に消費していたエネルギーを再利用することができ、省エネになります。
低圧の場合、THYFREC CV240S(電源回生コンバータ)と低圧インバータ(THYFREC VT240S)とを組み合わせて使います。高圧の場合、THYFREC VT710P(直接高圧形インバータ 電源回生タイプ)を使います。

複数台のインバータを使用している場合、インバータの直流部を結合し、コンバータを共通にした構成にすることで、省エネができる場合があります。

共通コンバータにした場合にも、放電抵抗器で回生エネルギーを消費することがあります。その場合は共通のコンバータに、電源回生タイプのコンバータを使うことで、さらに省エネが可能になります。

省エネ対応に関する情報は下記の資料をご覧ください。

インバータ・コンバータ編(PDF:512KB)

仕様一覧

適用モータ 7.5~660kW
定格直流出力電圧 200V系:DC317.5~360V
400V系:DC635~720V
過負荷耐量 120%1分、150%1分

こちらの表に記載のない仕様については、問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

早見表

各シリーズにおけるモータの電圧や容量の範囲が一目で分かる早見表です。

交流モータドライブ

分類 機種 電圧 出力(kw)
出力(kw)の目盛り
低圧モータドライブ

高機能汎用

THYFREC VT240S 200V/
400V系
0.4~475

PMサーボドライバ

GORIKIシリーズ PMD410 3.7~300

高速応答

THYFREC VT310 1.5~550

繊維機械用

THYFREC VT630 4.0~200
THYFREC VT630MS 2.2~45

エレベータ用

THYFREC VT800 2.1~18
THYFREC VT240EL 2.2~50
関連製品

電源回生コンバータ

THYFREC CV240S 200V/
400V系
7.5~660
高圧モータドライブ

かご形モータ用

THYFREC VT710S 3000V/
6000V系
110~3750
THYFREC VT710P
(回生機能付)
235~2000
THYFREC VT730S 235~2500

巻線形モータ用

THYFREC CV700SB 二次電圧:
1570V
500~4000
この製品に関するお問い合わせ
[電動力応用営業部]

03-6420-7650

この製品に関するよくあるご質問(FAQ)