PM13T/15T
改修用PM3.5T/5.2T
PM5T
PM3T
薄形PM3T

高性能・高効率PMモータエレベータ用PMモータ

最新のエレベータ制御技術で低騒音・低振動を実現。
快適な乗り心地を提供しエレベータの価値を高めます。

  • 低圧
    定格電圧が200V系、400V系です。
  • 交流
    交流電源で駆動します。
  • 専用
    各機械に特化した専用電動機です。
  • 可変速用
    可変速用電動機です。
  • 全閉
    外扇部以外は1mmより大きいものが入らない構造です。(IP4X)
  • 横形
    取り付け方法が横形です。

お問い合わせ

製品特長

トリクリプルの低減
標準シリーズの適用範囲

磁石表面貼付形PMモータの採用と、磁石形状の最適化でトルクリプルを大幅に低減した低騒音・低振動のモータです。
また、設置場所の環境による誤動作や制御性能の低下を招く漏れ電流の低減を考慮した設計をしています。
エレベータ用モータとして、積載質量450~2000kg、昇降速度45~105m/minのシリーズ、積載質量900~2000kg、昇降速度120~240m/minのシリーズをそれぞれ標準化し、ご提供しています。

  • 30年間に亘り培った豊富なエレベータドライブ技術
  • SPMモータを適用
  • 高トルク・低トルクリプル化を実現し快適な乗り心地を提供
  • マシンルームレス(薄型PM3Tマシンの場合)

用途・ソリューション

当社は1970年代始めからエレベータ用モータや制御装置を手掛けており、世界各国で低速から高速までの幅広い範囲のエレベータで活躍しています。
巻上機は積載質量や速度なども様々であり、当社ではビルトインモータやPMモータなど中低速機から超高速機まで多岐に渡るエレベータ用モータとインバータを手掛けています。

バリアフリーやビルの高層化など、日常生活に不可欠となってきているエレベータは、主にエレベータの運行管理を行うコントローラ、かごを動かす巻上機と巻上機のモータを制御するインバータとから構成されています。
近年では機械室を無くした構成の機械室レスエレベータもあり、駅を代表とする多くの場所で使われています。

仕様一覧

  薄型3T ピット
置き3T
ピット
置き5T
改修用巻
上機3.5T
改修用巻
上機5.2T
PM13T PM15T
積載質量
(kg)
450~1000 1150~
2000
450~
750
900~
1000
900~
1600
1800~
2000
昇降速度
(m/min)
45~105 120~240

こちらの表に記載のない仕様については、問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

PMモータとは

PMモータとは、直流励磁のいらない永久磁石式同期電動機です。回転子はかご形誘導電動機と同じ構造をしており、磁石を内蔵し同期電動機の性能を発揮します。
商用電源で始動可能で、かつ、周波数に同期して運転できるため、エンコーダなどのフィードバック制御無しで高精度な速度制御が容易にできます。

PMモータの種類と特長(PDF:193KB)

モータ篇(PDF:591KB)

同期機とは

同期機(電動機・発電機)の原理・構造から保守点検までに関する情報は、下記の資料をご覧ください。
(※オーム社発行 「新電気」 2010年 4月号掲載)

同期機 原理・構造と制御方法(PDF:4.5MB)

早見表

各シリーズにおけるモータの電圧や容量の範囲が一目で分かる早見表です。

PMモータ

分類 電圧 出力(kw)
出力(kw)の目盛り

PMサーボモータ

200V/
400V系
3.7~400

自己始動形PMモータ

200V/
400V系
0.6~15

省エネルギーPMモータ

200V/
400V系
11~400

センサレスPMモータ

エレベータ用PMモータ

200V/
400V系
2.1~18
この製品に関するお問い合わせ
[電動力応用営業部]

03-6420-7650

この製品に関するよくあるご質問(FAQ)