タイ国でもみ殻を燃料とするバイオマス火力発電設備
タイ国で椰子殻を燃料とするバイオマス発電設備

発電システムバイオマス発電システム

一般的には「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼んでいます。
バイオマス発電設備とは、バイオマスそのものを燃やすことで得られるエネルギー(バイオエネルギー)を利用したカーボンニュートラルな火力発電設備のことです。

お問い合わせ

特長

【当社の取り組み】
当社では温室効果ガス(メタン、二酸化炭素)の排出削減効果が大きい再生可能エネルギー(もみ殻、パーム椰子空房、木屑、バガスなど)を利用したバイオマス発電プラント建設に積極的な取り組みをしています。再生エネルギーの有効利用が注目されている中、多種多様なバイオ燃料での検討を実施することが可能です。お気軽にご相談ください。

導入事例

この製品に関するお問い合わせ
[発電事業部 企画部]

03-6420-7070