2011年03月17日
東北地方太平洋沖地震の影響に関するお知らせ[第2報]
 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 当社では、同地震発生直後に震災対策本部を設置し、当社従業員等の安否確認、営業・メンテナンス拠点等の被災状況、お客様の被災状況などの情報収集に努め、各種の対応を進めております。
 この地震の当社への影響は本年3月14日にもお知らせいたしましたが、本日午前11時時点の状況を下記の通りお知らせいたします。


1.被害の状況について
(1)人的被害について
 現在、当社で確認できている情報では、被災地域の当社グループ従業員は全員の無事が確認できております。しかし、従業員のご家族でお亡くなりになられた方がおられるほか、ご家族やご親族で未だ安否不明の方がおられます。

(2)拠点の被災状況・影響について
 東北地区の営業及びメンテナンス拠点は、一部ライフラインに障害が残っておりますが、業務機能の復旧に向けて全社的な支援体制で取り組んでおります。また、当社グループの生産拠点に大きな被害はありませんが、電力、水道、鉄道、放送などライフラインに関わるお客様の設備復旧のため、製品や資機材を被災地に優先的に割り当てております。
 また、電力会社様における計画停電による操業停止や、一部の部品・部材などの調達に影響が出ていることなどから、生産活動に支障が出る可能性があります。

2.業績への影響について
 この地震の業績への影響は現在調査中であり、今後、当期の業績に重大な影響が見込まれる場合は速やかに情報開示いたします。

以上
Copyright © 2017 Meidensha Corporation