2008年10月29日
公正取引委員会からの排除措置命令等に関するお知らせとお詫び
平成20年10月29日
各位
株式会社明電舎
取締役社長 稲村 純三

公正取引委員会からの排除措置命令等に関するお知らせとお詫び

 当社は平成20年10月29日付で、公正取引委員会から排除措置命令及び課徴金納付命令を受けましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 本件に関しましては、皆様に多大なご心配、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

1. 排除措置命令の内容
 当社は、平成15年4月1日から平成17年12月14日までの北海道札幌市発注の特定電気設備工事について独占禁止法第3条の規定に違反する行為があったとして、以後同様の違反行為が行われないよう必要な措置を採ることを命じられました。

2. 課徴金納付命令の内容
納付すべき課徴金の金額9,544万円
納付期限平成21年1月30日

3. 今後の対応
 当社はこれまで法令遵守の徹底と内部管理体制の強化に努めてまいりましたが、十分に機能を果たせてなかったことを猛省し、このたびの処分を厳粛に受け止めております。
 当社は、この反省を生かし、コンプライアンス体制が形だけのものとならないよう、公正取引委員会のご指導に従い、再度体制を見直し、従業員一人一人が法令遵守に基づいた企業行動をとれるよう徹底を図ります。

4.業績に与える影響
 今回の行政処分が当期の業績に与える影響は現在のところ不明です。
以上
Copyright © 2017 Meidensha Corporation