ニュースリリース 2018年「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に3年連続で選定されました

株式会社明電舎(取締役社長 浜崎祐司/東京都品川区、以下明電舎)は、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント社(以下SNAM)が設定する「SNAMサステナビリティ・インデックス」(以下本インデックス)の構成銘柄に3年連続で選定されました。本インデックスは、「SNAMサステナブル運用」に活用されます。



本インデックスは、ESG(環境・社会・ガバナンス)に優れる約300銘柄が選定されます。構成銘柄は毎年見直しており、年金基金・機関投資家向けの責任投資プロダクトで、長期投資を志向する運用を行っています。

明電舎は今後も「より豊かな未来をひらく」という企業使命のもと、提供価値である「お客様の安心と喜びのために」の実現に向け、事業活動を通じて地球環境問題など社会的課題の解決に積極的に寄与し、企業の社会的責任(CSR)を推進してまいります。

■明電舎CSR環境活動について
http://www.meidensha.co.jp/csr/csr_07/index.html

■SNAMサステナブル運用について
http://sjnk-am.co.jp/institutional/product/06/

 


本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  広報・IR部 広報課
電話 03-6420-8100