ニュースリリース 2017年女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の最高段階を取得

明電舎はこの度、厚生労働大臣より女性活躍推進に関する取り組みにおいて優良企業に与えられる「えるぼし」最高段階の認定を受けました。

「えるぼし」は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称「女性活躍推進法」)に基づき行動計画の策定・届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、取組の実施状況などが優良な企業が、厚生労働大臣より認定を受けることができる制度です。認定は三段階あり、今回明電舎は定められた5つの評価項目全ての基準を満たしたことが認められ、最高位の三段階目を取得しました。なお、えるぼし認定取得により、公共事業における総合評価落札方式等で加点評価が得られます。

明電舎では、女性活躍を含むダイバーシティの推進を経営戦略として位置づけ、2015年にダイバーシティ推進事務局を設置し、各種制度の新規導入・見直しを進めてきました。性別に関係なくライフステージに応じて社員が働き方を選択できるよう、仕事と家庭のワークライフバランス・両立を支援する仕組みを整えています。今後も、全社員が心身ともに健康な状態で活躍できる職場づくりを進めていきます。




女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」三段階目



参考:
□女性活躍推進法特集ページ(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html
本件及び取材に関するお問い合わせ先

株式会社 明電舎  総務部 広報課
電話 03-6420-8100