ニュースリリース 2017年太陽光発電システム用パワーコンディショナ500kW機を
10月から販売開始

 

明電舎はこの度、大規模太陽光発電システム(以下メガソーラー)用として従来の100kW・250kW機に加えて新たにDC1,000Vに対応した500kWのパワーコンディショナ(以下、PCS)「SP1000-500」をラインアップに加え、2017年10月1日から販売開始します。

国内のメガソーラーは、売電単価の見直しや、改正FIT法施行にともなう設備のメンテナンスの義務化などから、導入にかかるコスト低減や変換効率の高いPCSの需要があります。この様な市場背景を踏まえ、当社は低価格で高効率の500kWPCS「SP1000-500」を開発しました。

 

<特長>
1. 世界最高変換効率
同容量の中では世界最高レベル※の変換効率である98.7%を実現

2. 低価格化
当社従来機250kW 機(SP320)を使用した場合と比較して販売価格を約40%削減


当社はこれまで、累計4,000台以上のPCSを出荷してまいりましたが、500kW機を新らしくラインナップに追加し、2018年度には年間販売台数100台を目指します。
今後も、お客様のニーズにお応えするとともに、再生可能エネルギー事業に関わり省エネによる地球温暖化防止に貢献してまいります。

 

※当社調べ

詳細は、製品ページをご参照ください。

パワーコンディショナ(SP1000シリーズ)

本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎  総務部 広報課
電話 03-6420-8100