ニュースリリース 2017年120周年記念イメージソングの プロモーションビデオが完成



当社は、120周年記念として社員の一体感をグローバルで高めることを目的に制作したイメージソング「One to Love ~心、ひとつに~」のプロモーションビデオ(以下、PV)をこの度初公開します。PVは、明電グループ各拠点で撮影され、社員約800名が出演し、完成しました。


イメージソングは、国内外の明電グループ社員とその家族から募集したフレーズを用いて作成され、歌手のMay J.さんに歌っていただいています。日本語・英語版と両方あり、全世界の社員で共有できるようにしています。
4月初旬の曲の完成後、4月~5月にかけて、明電グループ各拠点でPVを撮影しました。歌詞のフレーズ一つ一つに込められた「想い」と、「光が織りなす映像」を通じ、世界各地で活躍する明電グループ社員が心をひとつにし「一体感」をより高める、というコンセプトをもとに、ペンライトを使って社員が光で絵を描くなど、社員参加型で制作しました。クライマックスでは400名以上の社員による光の大演出もあります。

明電舎の「舎」という文字には「電気の力で世の中を豊かにする」という志を持った仲間が集う場所という創業者の思いが込められています。創業120周年の節目に全社員が一体感を醸成することでさらなる団結力を育み、これからも社会インフラを支える企業として前進してまいります。

ご視聴はこちらから(120周年記念サイト)


タイトル:One to Love ~心、ひとつに~

作詞:堀江里沙 作曲:大田原侑樹 唄:May J.
タイトルの「One to Love」は「愛する人、愛される人」を意味し、120周年の数字を分解して、1⇒One 2⇒to 0⇒テニス用語で0=Loveという造語です。創業者、重宗芳水(しげむねほうすい)が町工場で始めた電気品修理業の1つ(One)から始まり、いまでは多くの製品や事業でたくさんの人々とつながり、愛し愛される会社という意味が込められています。
本件及び取材に関するお問い合わせ先
株式会社 明電舎 総務部 広報担当
電話 03-6420-8100