ニュースリリース 2016年高効率・小型軽量の4極突極タービン発電機を開発、初号機が本格稼働しました

株式会社明電舎(代表取締役社長:浜崎祐司 / 東京都品川区)は、世界的な電力需要の拡大や燃料の多様化、環境への配慮、国内の各種規制緩和による独立発電事業者の競争激化など、小型発電機需要を背景に、より快適な社会生活に貢献すべく、高効率・小型軽量の4極突極タービン発電機を開発、2016年1月に初号機をユナイテッドリニューアブルエナジー株式会社(東北最大級のバイオマス発電所)へ出荷、5月より稼働をスタートしました。

詳細につきましては発表資料をご参照ください。

高効率・小型軽量の4極突極タービン発電機を開発、初号機が本格稼働しました(PDF:241KB)