ページ内を移動するためのリンクです

サービス紹介保全コンサルティング

各種診断を活用した最適なメンテナンス計画をご提案します。

保全のプロセス

ライフサイクル保全計画

メンテナンス計画表

設備の運転形態・稼働環境を踏まえ、適切な点検の種類・周期や部品交換の時期などをご提案します。

特高受変電機器のメンテナンス計画表例

「設備概要」
C-GIS:本線予備線受電、2 バンク構成
変圧器:油入変圧器 2 台

西暦 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
経過 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



縮小形
受変電
設備
(C-GIS)
(2L-2B)
1号受電
ユニット
- - - - - - -
2号受電
ユニット
- - - - - - - -
VCT
ユニット
1号変圧器一次 - - - - - - -
2号変圧器一次 - - - - - - - -
特高
油入
変圧器
1号変圧器 - - - - - - -
2号変圧器 - - - - - - - -
特高操作盤
継電器盤
警報盤
  • ○:普通点検 ◎:精密点検 2 回目の精密点検時に、定期交換部品を交換する。
    設備劣化診断を20 年目に実施し、更新の時期を判断する。

環境診断

各種機器の設置場所の環境によっては、部品材料の腐食、錆、変形などの要因となり、機器の故障又は寿命の短縮に直接波及してきます。当社では設置場所の環境調査・設置機器への影響評価を実施し、適切なご提案を行います。

腐食性ガス測定

1.瞬間測定法
評価対象となる現場の温度、湿度、ガス成分(二酸化硫黄・二酸化窒素、硫化水素、塩素、アンモニア)及び汚損度の測定結果より、環境評価を行います。ガスの成分分析は、現場ガスを採取し行います。JEITA IT-1004に基づく測定方法です。
腐食サンプル
富士通クオリティ・ラボ(株)
エコチェッカ
2.連続測定法
ガスモニター装置により、温度・湿度・腐食性ガス濃度・浮遊じんあいなどを1か月以上連続測定します。これにより各環境パラメータの現場機器への影響度を判断します。
3.腐食サンプル測定法
腐食サンプルを最長1か月間設置し、腐食の進行度から現場の環境(腐食性ガス濃度)を相対評価(間接測定)します。

汚損度(じんあい)の測定

設置場所の浮遊じんあいなどの評価のため、汚損度の測定・分析を実施し、具体的なデータに基づくご提案を行います。

  • 当社は「計量証明事業登録機関」及び「作業環境測定機関」として公的な認可を受けております。

省エネルギー診断

省エネルギー対策のご支援

省エネルギー診断、計測など十分な調査により効果あるご提案をします。

対象設備の省エネルギー対策

ページの終わりです