ページ内を移動するためのリンクです

事業紹介電力変換設備のメンテナンス

無停電電源装置をはじめ、お客様の最重要設備を常に健全な状態に保つよう、定期交換部品の推奨や劣化の兆候をお知らせし、予防保全についての的確なアドバイスを行います。
また、「再生可能エネルギー」への期待が高まる中、太陽光発電システムの設置が加速度的に増加しております。当社は、太陽光発電設備の専門技術者が定期的なメンテナンスを実施しております。

お問い合わせ

特長

NAS-PCS
無停電電源装置
熱画像診断により、太陽光パネルの異常をチェック
  • お客様のニーズにそった点検の種別(簡易/普通/精密点検)を各種準備しております。
  • 電力変換製品全般の試運転・メンテナンス・修理・修繕・各種試験を行います。
  • 当社の研修設備(実機)を使用し、独自の教育カリキュラムを修了した技術員が、お客様の太陽光PCS設備を点検します。

設備保守・点検

当社がこれまで培ってきたメンテナンス技術で、お客様設備全般を高品質で信頼性の高いサービスを提供します。

  1. (1)お客様の設置環境や稼働状況に合わせたメンテナンス計画表を作成します。
  2. (2)設備の稼働開始~装置更新時期に至るまでのライフサイクルを考慮し、最適な保全計画を立案します。

太陽光発電システムは決してメンテナンスフリーではなく、しかも長期運用による不具合はまだ顕在化していません。高所に設置され、日射により出力が変動する太陽光発電システムを監視、点検し不具合箇所を抽出します。
  1. ①太陽光発電リモート監視
    ストリング計測によるパネル監視で、発電ロスを削減
    ・遠隔から発電電力量や運転状態を確認
    ・中小規模設備(50kW~メガソーラ)から監視が可能
    ・高圧受電設備の監視も可能
    ・小電力無線(900MHz帯)により、配線工事コストの削減
    ・複数施設もクラウドサーバによる一元管理
  2. ②太陽光パネル点検
    点検ツールを使用し太陽光発電システムの性能評価及び不具合を抽出
    ・ストリング間のI-V特性を相対比較し不具合箇所を抽出
    点検使用機器:I-V測定器


 写真1:太陽光発電リモート監視



写真2:I-V特性点検



写真3:I-V特性曲線


設備診断

蓄電池劣化診断

無停電電電源装置や直流電源装置に使用されている蓄電池は、交流電源の瞬時電圧低下や停電に対して、負荷側のシステムダウンを予防する為の最重要設備です。
当社は、一般的な制御弁式鉛蓄電池の劣化診断として、バッテリハイテスタを使用した蓄電池内部抵抗測定を標準点検として実施しておりますが、お客様の要望にあわせてビーベスト製の蓄電池短時間容量試験器を使用し、蓄電池余寿命診断も実施しております。これらの測定器からのデータをもとに、お客様設備の最適な予防保全計画の立案をお助けします。

蓄電池劣化診断機器
蓄電池劣化診断

熱画像診断

熱画像診断により、太陽光パネルの異常をチェックします。

  1. パネル裏側を赤外線熱画像診
    上部に熱だまりを確認

  2. 目視にて剥離を確認

  3. パネルを詳細確認したところ、1mm四方のピンホールを確認

独自カリキュラムによる技術員教育風景

装置教育

サポート情報

明電グループのメンテナンスサービス・拠点についての詳細はこちらでご覧ください。

明電エンジニアリング 明電エンジニアグループのワンストップサービス
この製品に関するお問い合わせ
[営業統括部]

03-3490-7216

ページの終わりです