ページ内を移動するためのリンクです

かご形誘導電動機

事業紹介回転機・電動機のメンテナンス

ご使用頂いている回転機が、突発的な事故を発生すると時間、費用、社会的な観点から多大な不利益を生じます。したがって、より安心して運用頂くためには、計画的なメンテナンスの実施による予防保全が重要です。当社では、点検、診断、整備からリプレースまで一貫してお任せ頂くことができます。
また、点検や診断の結果に基づいて、最適なメンテナンスの計画を提案致します。

お問い合わせ

特長

回転機のコイルが焼損した事例です。復旧には数ヶ月を要します。
異種グリースを使用した事により焼損したベアリング。
ブラシ摩耗粉が堆積して焼損したスリップリング。
  • 設備及び機器を熟知したメーカ技術者が、適切な点検の周期、部品の交換時期を策定し、蓄積したデータを基に予防保全に取組みます。
  • お客様に設備を安心してご使用していただくために、どこにでも技術員が出向き、質の高い保守を約束いたします。

設備保守・点検

回転機の点検例

発電機内部の目視点検
カバーを外し内部の目視点検を実施します。
精密点検の場合は、ファイバースコープによる点検を併用します。
軸受メタルの開放点検
軸受けにメタルが使用されている場合の精密点検は、メタル開放点検を行います。
軸受メタルのカラーチェック
軸受けの開放点検を実施した場合は、軸受メタルのカラーチェックを行います。
空気冷却器の清掃
空気冷却器の精密点検は、エレメント内部の清掃を行い、耐水圧試験を実施します。
カーボンブラシの点検
巻線形誘導電動機の点検は、集電部の点検、清掃を中心に行います。
写真はカーボンブラシの摺動面を点検しているところです。

設備診断

回転機械は、運用に伴い電気的、機械的なストレスや熱サイクルの影響を受け経年的に劣化が進みます。
高圧回転機械は絶縁診断試験を実施し、コイルの絶縁劣化状態を把握できるため、突発的なコイルの焼損予防や計画的なオーバーホールの実施時期検討などに効果的です。
また、軸受にベアリングを使用している回転機械については、軸受診断を実施して劣化の進行状態を把握できるため、ベアリングの最適な交換時期を確認頂けます。

絶縁診断車の外観

絶縁診断計測器

軸受診断風景

回転機の整備例

現地ベアリング交換の状況
軸受ベアリングの整備は、新規交換を行います。
ベアリング交換は現地で実施することが可能です。
場内スチーム洗浄処理
>オーバーホールを行う場合は、工場へ持ち込み、洗浄・乾燥・ワニス処理を施し、部品交換、試験を行います。
写真はスチーム洗浄を行っているところです。

回転機主要部品の推奨交換周期

回転機の主要部品について推奨する交換時期を示します。

サポート情報

明電グループのメンテナンスサービス・拠点についての詳細はこちらでご覧ください。

明電エンジニアリング 明電エンジニアグループのワンストップサービス
この製品に関するお問い合わせ
[サービスネットワークから最寄の地域へお電話ください]

ページの終わりです