経営方針・体制コンプライアンス

明電グループでは、コンプライアンス活動をCSR活動の大きな柱として位置づけ、法令遵守はもとより、社会の要請に応えるべく、広く社会規範・倫理をも捉えた活動をしています。

明電グループにおけるコンプライアンス活動

コンプライアンスに関する方針と体制

明電グループ コンプライアンス体制

明電グループ コンプライアンス体制

明電グループ企業行動規準では、会社業務に関する法令をはじめ、国内外の法令、慣習その他全ての社会規範とその精神を十分に理解し、これらを遵守または尊重するとともに、常に高い企業倫理と社会良識を持って行動することをうたっています。
この方針のもとに、コンプライアンス推進規程に基づき、明電舎及びグループ会社にもコンプライアンス委員会を設置し、相互に連絡を取り合いながら活動を展開しています。
コンプライアンス委員会は、コンプライアンス活動の方針決定、コンプライアンス教育、コンプライアンス通報にかかわる事柄への対応や、発生したさまざまな事象に対して、見解を示し、問題を解決することを目的としています。このコンプライアンス委員会の活動は、役員や弁護士にも報告し、社内での徹底と活動の透明性確保に留意しています。

さらに、各職場には、コンプライアンスマネージャが配置され、コンプライアンス委員会の方針の徹底、職場が法令・規程などの社会規範に従って業務を遂行していることの確認や、従業員から受けた相談の対応を行い、必要であれば、職場の長にその問題の是正を意見します。これらの活動については、定期的にコンプライアンス委員会に報告を行います。

コンプライアンス通報制度

違法行為や不適切行為の防止と、違法行為・不適切行為が生じた際の早期問題解決を図ることを目的に、コンプライアンスに関する通報制度を設けています。この通報制度には、コンプライアンス・ホットラインと公益通報窓口があります。コンプライアンス・ホットラインは社内のポータルサイトから従業員が匿名で社内窓口へ通報ができます。公益通報窓口は社内、社外それぞれに設け、社外窓口は弁護士事務所に設置し、通報者保護と通報への対応の公平性を確保しています。通報窓口に寄せられた情報は、コンプライアンス委員会として調査を行い、必要に応じて弁護士と相談しながら対処する仕組みになっています。通報者は、公益通報者保護規程に基づき保護されます。

コンプライアンス教育と情報交換会

情報交換会

情報交換会

コンプライアンス委員会では、コンプライアンス意識の維持・向上と各職場からの声を把握するため、毎年、全国の拠点でコンプライアンス情報交換会を開催しています。コンプライアンス情報交換会では、コンプライアンスマネージャをはじめ従業員に対し、活動状況の報告や教育、コンプライアンス委員会との意見交換を行っています。委員会側からは、会社のコンプライアンス活動状況報告として、個別の通報内容や対応を報告するほか、パワハラや下請法を中心とした教育を行い、法務課からは絶対的禁止事項の徹底に向けて、具体的な事例をもとに教育が行われました。参加者からは職場の状況、委員会への意見や要望、その他多くの質問が寄せられました。参加者からの意見や要望は今年度の活動方針に反映させ、よりよい活動を目指してまいります。