未来をはじめる 谷川俊太郎×明電舎 未来をはじめる 谷川俊太郎×明電舎

2017年、創業120年を迎えることを記念し、
過去と未来の結節点として
「電気と人と未来」をテーマに、
自身も電気少年だった詩人 谷川俊太郎さんに
オリジナルの詩を書いていただきました。

Profile Profile

©深堀瑞穂 ©深堀瑞穂

谷川 俊太郎(詩人) 谷川 俊太郎(詩人)
1931年東京生まれ。詩人。
1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。 1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詞賞、 1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、 1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、 1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、 2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。 詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。 近年では、詩を釣るiPhoneアプリ『谷川』や、 郵便で詩を送る『ポエメール』など、 詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。

Recommend

120周年について
MEIDENSHA Heritage
MEIDENSHA History
Mobile Power Generator
MEIDEN Unity Project
明電舎×サラリーマン山崎シゲル
120周年記念事業レポート
prev
next